Adobe XDで文章校正を支援するプラグイン「テキスト校正くん」を弊社からリリースしました。無料で利用できます。

弊社では、VS Codeの拡張機能としても「テキスト校正くん」をリリースしています。
公開から2ヶ月で5,000インストールを超えるなど、大変多くの方に利用されており好評をいただいています。

そこでデザイン制作中にも、文章校正ができるよう、XDのプラグインとしてリリースしました。本プラグインを利用することで、画面内の文章を手軽に校正でき、クオリティを高めることができます。

「テキスト校正くん」でできること

XDのアートボード内の選択中のテキストに対して、文章校正を行います。チェック性能はVS Codeの拡張機能と同じく、一般的な文章のルールに沿って、主に以下のようなチェックを行います。

  • 「ですます」調と「である」調の混在
  • ら抜き言葉
  • 二重否定
  • 同じ助詞の連続使用
  • 同じ接続詞の連続使用
  • 逆接の接続助詞「が」の連続使用
  • 全角と半角アルファベットの混在
  • 弱い日本語表現の利用(〜かもしれない)
  • 読点の数(1文に3つまで)
  • ウェブの用語や名称の表記統一(Javascript→JavaScript、Github→GitHub等)
  • 漢字の閉じ方、開き方(下さい→ください、出来る→できる等)

インストール方法

1. 次のリンクからプラグイン(japanese-proofreading.xdx)をダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたプラグインをダブルクリックしAdobe XDにインストールします。

3. 確認ダイアログが表示されるので、[インストール]を選択してください。

4. 以下のダイアログが表示されればインストール成功です。

利用方法

1. アートボードから文章校正を行いたいテキストを選択します。複数のテキストを選択した状態でも利用できます。

2. メニューバーから[プラグイン] > [テキスト校正くん]を選択します。

3. 文章校正が完了すると、校正結果がダイアログで表示されます。複数のテキストを選択した場合は、[閉じる]ボタンを押すと次のテキストの校正結果が順次表示されます。

Adobe XDのプラグイン開発について

2018年10月のアップデートで、サードパーティー製のプラグインが使えるようになりました。XDのプラグインはHTML・JavaScriptといったウェブの技術で開発できるため、ウェブのフロントエンドの知識があれば手軽に開発できます。

プラグインでは、拡張APIを呼び出すことで以下の処理を実行できます。

  • オブジェクトのプロパティ変更
  • キャンバスへのアイテム追加/削除
  • ユーザーアクションの自動化/拡張
  • 色々なファイル操作のサポート
  • ウェブ上の情報へのアクセス
  • 設定用のダイアログ表示

プラグイン開発の手順については、Adobe Creative Stationの記事で詳しく解説されています。

おわりに

目視のチェックでは、画面数が増えてくるとチェックに時間がかかり、見落とす可能性も高くなってしまいます。「テキスト校正くん」を使って文章校正の手間を軽減し、デザイン制作に注力してみてはいかがでしょうか?

また、文章校正力をスキルとして根本的に身につけるのも有効な手段です。記事「いますぐ使える文章校正テクニック」で紹介してますので、あわせてご覧ください。

今後の開発について

プラグインは公式サイト「Adobe I/O」に審査提出しています。公式サイトでなくても配布が可能なため、先行してプラグイン「テキスト校正くん」を公開しました。今後もアップデートしていく予定ですので、機能追加の要望やフィードバックをお待ちしております。

VS Code版もどうぞ

VS Codeの拡張機能、テキスト校正くん」もあわせてご利用ください。

▲テキストエディターで文章校正ができるため便利です