品質への取り組み

本サイトの目的はウェブをより良くするための技術発信を行うことです。その目的を果たすためには、プラットフォームとしてのウェブサイトが理想的な技術で構築されているべきです。

そこでウェブサイトに対して考えている、私たち運営者の価値観と取り組みを紹介します。

客観性にもとづく指標のクリア

ウェブサイトの善し悪しを判断するのは難しいように思いますが、指標にもとづいて評価するツールが存在します。 主観的な判断や好みだけに頼らず、客観的に望ましい姿であることを目指しています。

Lighthouseのスコア

測定ツールのLighthouseでは、すべての観点(性能、ベストプラクティス、SEO、アクセシビリティー、PWA)で満点となるように努めています。コアウェブバイタルも意識し、性能観点はとくに意識しています。

ユーザーの多様性に応じたユーザーインターフェースの提供

ユーザーにはさまざまなスタイルでウェブブラウジングをしています。私たちはユーザーの利用環境に可能な限りレスポンシブにありたいと考えています。

ウェブ制作者はスマートフォンやパソコンに対して最適なレイアウトで見られるようにデザインを組むことが多いと思います。それはレスポンシブ・ウェブ・デザインといわれ、ユーザーの画面サイズに応じて、ウェブサイト側が変化することを指します。

レイアウトに限らず、ウェブにはレスポンシブにできるものが他にもあります。ユーザー環境や好みに応じてレスポンシブにする様々な取り組みを行っています。

ウェブサイトのモーション有効無効設定

WindowsやmacOS、iOS、AndroidにはアニメーションのON/OFFを設定できる項目があります。

ics.mediaではOSの設定に連動して以下のモーションを無効化しています

  • トップページのヒーロースペースのグラフィカルなモーショングラフィックス
  • 採用サイトの演出
  • 各種UIのCSSアニメーション

当サイトではユーザーインターフェースの価値最大化のためにインタラクションを大事にしていますが、モーションを不要と感じるユーザーが存在することとその意見も尊重しています。

「ウェブサイトにアニメーションは不要」、「省電力でブラウジングしたい」という方は、OSの設定項目を変更しアクセスください。

  • Windows : [Windowsの設定]→[簡単操作]→[ディスプレイ]→[Windowsにアニメーションを表示する]
  • macOS : [システム環境設定]→[アクセシビリティー]→[ディスプレイ]→[視差効果を減らす]
  • iOS : [設定]→[アクセシビリティー]→[動作]→[視差効果を減らす]

ダークモード対応

WindowsやmacOS、iOS、Androidには配色テーマを設定できる項目があります。ユーザーの好みやニーズの多様性にあわせ、ics.media のデザイン配色はライトモードとダークモーを切り替えるようにしています。

OSの設定と連動していますので、必要に応じてご利用ください。

先端技術の積極的導入

ics.media の方向性として、新しい技術を紹介することが多いです。世の中に新しいウェブ技術が浸透する足がかりとなるよう、最新技術をウェブサイトへ積極的に導入しています。以下は一例ですが、AMPとJamstackと組み合わせたハイブリッドな構成は珍しいものでしょう。

  • AMP (記事はAMPページでの配信)
  • Jamstack (Nuxtによる静的ジェネレート)
  • 次世代画像フォーマットの導入(WebP画像など)

継続した情報のメンテナンス

時代の流れとともに情報は古くなっていきます。利用環境が変化したり、バージョンの更新により、解説内容のとおりに操作しても同じ結果が得られないといった苦い経験は皆さんにもあると思います。

ics.media では、読者が古い情報に振り回され困らないよう、積極的に記事をメンテナンスするように心がけています。

オープンな情報発信

ウェブサイト改善に対する私たちの取り組みはオープンに発信しています。以下のその一例を紹介します。

また、記事で紹介するデモコードはGitHubにて、オープンソースライセンスとして公開しています。

ics.media は年次レポートとしてアクセス数の変化や読者の興味関心を報告しています。

利用環境

推奨環境

当社サイトは最新のウェブ機能を利用しているため、最新のブラウザを使うことを推奨しています。

  • Windows 10以上
    • Chrome最新版
    • Edge最新版
    • Firefox最新版
  • macOS 11 Big Sur以上
    • Safari最新版
    • Chrome最新版
    • Firefox最新版
  • iOS 14以上
  • Android 10以上

情報提供保証環境

以下の環境では表示崩れやスクリプトエラーの発生することがありますが、情報閲覧は可能な状態として最低限サポートしています。さまざまな事情で古いブラウザを使わざるをえないユーザーがいることも事実です。上述のレスポンシブの話と関係しますが、利用環境が原因で情報にたどり着けないことがないよう、最低限の配慮を行っています。

  • Windows 10
    • Internet Explorer 11