これがフロントエンドで話題になった記事!
ICS MEDIAの2020年

30
125

ICSはフロントエンドを専門とするウェブ制作会社ですが、オウンドメディアとして技術情報発信サイトを運用しています。このサイトは開設から7年目を迎えましたが、今年は「国内のウェブ水準を前進させる記事を。話題のテーマも、他のサイトでは読めないニッチな技術も」をテーマとしてやってきました。そんなICS MEDIAにとっての2020年を、あらゆる数値を使って多角的にレポートしたいと思います。

今年はどの記事がもっとも読まれたのでしょうか? 今年執筆した記事で上位11記事をピックアップしました。

1位 : 今年のfont-family

皆さんがググって調べることが多いのでしょうね!

2位 : CSSで影

ウェブで影を表現する手法はbox-shadowだけではありません。

3位 : ES2020

JavaScriptの機能の進化は注目されていたみたいです。

4位 : Adobe XD

今年はAdobe XDが大幅に進化しました。ステート機能をはじめ共同編集やスタック、3D表現など。新機能は要チェックです。

5位 : Vue.js

6位 : ウェブのアニメーション

7位 : CSSグラデーション

8位 : CSS/SVG/Canvasの使い分け

9位 : アンケート調査

10位 : Reactの変遷

11位 : CSS設計

過去記事へのアクセスも大きかった

過去記事への流入も大きく、アクセス数を押し上げる要因となりました。ICSでは過去記事が読者の方々にいつでも役立つようにメンテナンスに力を入れています。その取り組みによって、Googleの検索結果の上位に入ることが多くなりました。ページビューは次の通りです。

新しい記事を書いてバズらせて5万PVを狙うのは難易度が高いですが、バズった記事よりも人気記事はずっと高いアクセス数を安定して稼ぎ出してくれます。メンテナンスに力を入れるのは、メディア運用上のメリットも大きいからです。

入門サイトのアクセス数

ICS MEDIA内にはテクノロジーに特化した入門サイトを用意しています。これらの入門サイトは年間でかなりのアクセス数がありました。

サイト全体のアクセス解析は年間265万PV

1/1〜12/27の期間で、Google Analyticsで集計したところ、年間PV(ページビュー)は2,678,873PVという結果となりました。今年一年で執筆した記事は36本でした。

読者の傾向

ICS MEDIAの読者層は30代前後の男性がもっとも多かったです。年代別では25-34歳が51%、男女別だと男性が75%でした。2018年に比べると女性の割合が6ポイントほど増えました

参照サイト

ソーシャルメディアからの参照トラフィックは次の通り。

  • Twitter : 51,200 セッション
  • はてなブックマーク : 44,000 セッション
  • Facebook : 14,600 セッション

その他、サイトからの参照トラフィックは次の通り。サイトだけでなく、Twitterでも紹介いただいているので、大変ありがたく思っています。

2021年もよろしくお願いします

以上、2020年(令和2年)のICS MEDIAを振り返ってみました。今後も今までと変わらず「量よりも質」を意識しつつ、記事を増やしていこうと考えています。

今年も残り僅かとなりましたが、良いお年を! 来年もどうぞよろしくお願いします。