みなさんはマイノリティ・リポートというSF映画をご覧になったことはありますか? 近未来のアメリカが舞台の映画なのですが、出てくるUIやガジェットがどれも先進的で公開当時話題になりました。「こんな世界はまだまだ先のことだろう」と思いながら見ていたのですが、私達の思っている以上に技術進歩のスピードは早く、次々と驚くようなガジェットが誕生しています。その中でも今話題になっているガジェットを4つピックアップしてご紹介します。

現実世界にホログラムを表示するヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」(マイクロソフト ホロレンズ)

HoloLens画像

Microsoftが開発中のヘッドマウントディスプレイMicrosoft HoloLens。ヘッドマウントディスプレイにはさまざまな種類がありますが、Oculus RiftなどのCGでできた擬似空間を演出する「VR:仮想現実」とは違い、目に見えている世界にホログラムをレンズ上に重ねて表示する「AR:拡張現実」というところが大きな特徴です。このホログラム技術はWindows Holographic(ウィンドウズ ホログラフィック)と呼ばれ、Microsoft HoloLensはこれを表示するビューワーという位置付けとなっています。Windows 10の標準機能として利用することができ、開発環境などは今後提供されていくとのことです。すでにUnityが記事「ANNOUNCING SUPPORT FOR MICROSOFT HOLOLENS」にてサポートすることを発表しています。動画を見てもわかりますが、壁やテーブルの検知スピードも早く、指のジェスチャーも認識することで直感的に操作することができます。開発版(V1)の出荷が2016年から始まるとの記事「HoloLens(ホロレンズ)は来年開発者の元へ——MSナデラCEOが明かす」の情報もあるので、手にする日が待ち遠しいです。

腕がコントローラーになるアームバンド型ウェアラブルデバイス「Myo」(マイオー)

Myo画像

Thalmic Labsが開発したアームバンド型のウェアラブルデバイスMyo。ジェスチャーを認識するデバイスには指輪型のRingなどがありますが、Myoは腕に装着することで指や手首の細かな動きから腕の上げ下げとさまざまなアクションをを認識できます。手を動かした時に流れる微弱な電圧を検知する筋電センサー、腕を振ったときの慣性を検知する加速度センサー、腕の傾きを検知するジャイロセンサー、方向を検出する磁気センサーが搭載されています。開発環境としては基本的にPC・スマートフォンなどのネイティブ環境用のSDKは公開されていますが、記事「Myo(アームバンドウェアラブルデバイス)を触ってみました」のようにJavaScriptでもセンサーの値を取得できるようです。

装着することで腕がコントローラーになるため、下の動画のようにOculus Riftを使ったコンテンツにも相性が良いです。

Android・iOSでも使用できるスマートウォッチ「Pebble Time」(ペブル タイム)

Pebble Time画像

Pebble Technologyが開発したスマートウォッチPebble Time。クラウドファンディングサービスKickstarterにて史上最高額の2000万ドルを調達したことで話題になりました。スマートウォッチといえばAppleが発売したApple Watchが有名ですが、Pebble TimeはAndroid・iOSの両方のスマートフォンで利用できます。それだけではなく、Cloud Pebbleというブラウザ上で動作するIDEが用意されており、時計の盤面(Watch Face)やアプリケーションを開発することができます。しかも、記事「JavaScriptでPebbleアプリを開発できるSimply.jsをオンラインIDE のCloudPebble上で試してみた」のようにSimply.jsを使うとJavaScriptのみの開発が可能なようです。

JavaScriptで簡単にIoTデバイスが開発できる「Tessel」(テッセル)

Tessel画像 画像のTesselには気候モジュール(Climate Module)、加速度モジュール(Accelerometer Module)、サーボモジュール(Servo Module)、リレーモジュール(Relay Module)が接続されています。

Technical Machineが開発したマイコンボードTessel。マイコンボードとは簡単に言うと小型で低スペックなコンピューター基板のことで、記事「JavaScriptでArduinoをコントロール ― 第1回 Lチカ(LEDチカチカ)させてみよう!」で紹介したArduinoRaspberry Piなどがあり、電子工作やメディアアートなどで利用されています。Tesselの大きな特徴は開発環境がNode.jsベースになっていてJavaScriptで開発できることと、Wi-Fiモジュールが搭載されているので簡単にインターネットに接続できるというところです。WebクリエイターがIoTなデバイスを開発したいときにぴったりなマイコンボードです。チュートリアルも日本語で公開されているのも嬉しいところです(チュートリアル:日本語版)。

最後に

まだ開発中のガジェットもありますが、私達が子供の頃に憧れた映画の世界に一歩一歩確実に近づいています。今回ご紹介したものに限らずガジェット全体に共通していることは、コンテンツ開発者にとって使いやすい開発環境が用意されているということです。たとえ先端技術を使ったガジェットが開発できたとしても、提供する体験が薄っぺらいものだと能力を活かしきることはできません。開発の間口を広げて多くの人に触ってもらう。そこから驚くようなアイデアが生まれ見たこともない体験につながっていくことを彼らは期待しているからではないでしょうか。個人的にも世界的にも技術・体験を進化させるために、積極的に新しいものに触れることは大事だと考えます。