2018年9月にリリースされたGoogle Chrome 69で、CSSの新しいグラデーション手法conic-gradient()関数がサポートされました。conic(円錐)の名のとおり、円錐状にグラデーションを描画するものです。conic-gradient()関数を使用すると、円錐状のグラデーションはもちろん、集中線や市松模様といった表現が手軽に実装できます

conic-gradient()関数で実装したグラデーション例

conic-gradient()関数で実装した演出例


本記事ではconic-gradient()関数の基本的な使い方を解説しつつ、応用的な表現やクロスブラウザ対応の方法を紹介します。

conic-gradient()関数の基礎

linear-gradient()関数・radial-gradient()関数との比較

CSSでグラデーションを実現する手段は次の 2 つがありました。

  • linear-gradient()関数: 直線状のグラデーション
  • radial-gradient()関数: 放射状のグラデーション

本記事で紹介するconic-gradient()関数は、円錐状のグラデーションです。グラデーションに関する3つのCSSの違いを、コードを通して確認しましょう。

linear-gradient()関数

.box {
  background-image: linear-gradient(
    to right,
    hsl(177, 100%, 50%),
    hsl(232, 100%, 50%)
  );
}

radial-gradient()関数

.box {
  background-image: radial-gradient(hsl(177, 100%, 50%), hsl(232, 100%, 50%));
}

conic-gradient()関数

.box {
  background-image: conic-gradient(hsl(177, 100%, 50%), hsl(232, 100%, 50%));
}

conic-gradient()関数の基本的な書き方

conic-gradient()関数のコードの基本的な書き方を紹介します。前述のコードでは、次のように始点と終点のみを指定しました。

.box {
  background-image: conic-gradient(hsl(177, 100%, 50%), hsl(232, 100%, 50%));
}

他のグラデーションと同じく、カラーストップ(途中の色)は複数指定可能です。追加でカラーストップの位置を指定でき、deg(角度)、%(割合)、turn(回転数)等の単位が使えます

.box {
  background-image: conic-gradient(
    hsl(0, 100%, 50%) 0,
    hsl(90, 100%, 50%) 90deg,
    hsl(180, 100%, 50%) 180deg,
    hsl(270, 100%, 50%) 270deg,
    hsl(360, 100%, 50%) 360deg
  );
}

▼ 実行結果

conic-gradient()関数の第一引数はグラデーションの開始位置や中心点の位置を指定可能です。

.box {
  /* 100px, 100pxを円錐の中心にする */
  background-image: conic-gradient(at 100px 100px, blue, red);

  /* 30degをグラデーションの開始位置とする */
  background-image: conic-gradient(from 30deg, blue, red);
}

繰り返しのためのrepeating-conic-gradient()関数

線形グラデーションには繰り返しのためのrepeating-linear-gradient()関数、放射状グラデーションには繰り返しのためのrepeating-radial-gradient()関数があります。同様に円錐状のグラデーションには繰り返しのためのrepeating-conic-gradient()関数があります

水色・青色・水色のconic-gradient()関数を繰り返して表示するサンプルを通して、使い方を紹介します。

.box {
  background-image: repeating-conic-gradient(
    hsl(177, 100%, 50%) 0,
    hsl(232, 100%, 50%) 10%,
    hsl(177, 100%, 50%) 20%
  );
}

▼ 実行結果

この後は、conic-gradient()関数を用いてどのような表現ができるのかを紹介します。

円グラフ表現

次のサンプルは、ウェブページ内で円グラフを表示したいときに使える表現です。

ポイントはカラーストップの記述部分です。0%〜65%が赤色(#f11a50)、65%〜90%が緑色(#7cef00)、それ以外が水色(#00dbd9)となり、円グラフのような表現を可能にしています。

.graph {
  background-image: conic-gradient(
    #f11a50 0,
    #f11a50 65%,
    #7cef00 65%,
    #7cef00 90%,
    #00dbd9 90%,
    #00dbd9 100%
  );
}

※ 中心をくり抜いているのはmask-imageプロパティーによるものです。後述のコラムを参照ください。

市松模様

次のサンプルは、二色の正方形を交互に配置する市松模様で使える表現です。

repeating-conic-gradient()関数でカラーストップの位置を 0%、25%、50%に設定すると、市松模様となります。background-sizeで好きなサイズを設定して使います。

body {
  background-image: repeating-conic-gradient(
    white 0,
    white 25%,
    #cbcbcb 25%,
    #cbcbcb 50%
  );

  background-size: 20px 20px;
  background-position: center center;
}

集中線表現

次のサンプルは、ゲーム演出や漫画の一コマのような演出で使える集中線の表現です。

集中線の太さにランダム性をもたせるためにrepeating-conic-gradient()関数を重ねています。ボーダーの色は変更しやすいようCSS変数を用いています。

body {
  background-color: #ffee33;
}

.line-container {
  --border-color: #ffab3c;

  /* ランダムな太さの先を重ねる */
  background-image: 
    repeating-conic-gradient(
      transparent 0,
      transparent 13deg,
      var(--border-color) 13deg,
      var(--border-color) 16deg
    ),
    repeating-conic-gradient(
      transparent 0,
      transparent 20deg,
      var(--border-color) 20deg,
      var(--border-color) 23deg
    ),
    repeating-conic-gradient(
      transparent 0,
      transparent 5deg,
      var(--border-color) 5deg,
      var(--border-color) 8deg
    ),
    repeating-conic-gradient(
      transparent 0,
      transparent 2deg,
      var(--border-color) 2deg,
      var(--border-color) 3deg
    );
}

また、集中線が楕円ではなく正円上に広がるよう、次の工夫を行っています。

  • ブラウザサイズが横長のときはエフェクトの幅を100vw
  • ブラウザサイズが縦長のときはエフェクトの幅を100vh
  • エフェクトの中心点とブラウザの中心点をあわせて配置
:root {
  --circle-width: 100vw;
}

@media (orientation: portrait) {
  :root {
    --circle-width: 100vh;
  }
}

.box {
  position: absolute;

  --border-color: #ffab3c;
  --half-circle-width: calc(var(--circle-width) / 2);

  width: var(--circle-width);
  height: var(--circle-width);
  left: calc(50% - var(--half-circle-width));
  top: calc(50% - var(--half-circle-width));
}

コラム: 中心のくり抜きはmask-imageプロパティー

円グラフ表現や集中線表現では中心をくり抜いていますが、これはmask-imageプロパティーを用いています。mask-imageプロパティーは指定した画像の形状でマスクをかけられるプロパティーで、今回はradial-gradientを次のように記述しています。

.box {
  /* 真ん中をくり抜く表現 */
  -webkit-mask-image: radial-gradient(
    transparent 0%,
    transparent 12%,
    white 30%,
    white
  );
}

次のページでは、クロスブラウザの対応方法とconic-gradient()関数のユニークな作例を紹介します。