2014年11月にFacebookから発表された「flow」(以下「facebook flow」と記述します)ですが、皆さんは試されましたでしょうか? facebook flowはJavaScriptの静的型付けチェックツールです。本記事では、facebook flowの採用によってWebコンテンツ制作にどのようなメリットがあるのか調べるために、インタラクションデモを作って検証しました。

▲facebook flowの公式サイト

flowで作成したコンテンツ

HTML5 Canvasタグを使ったグラフィック表現で、約500行程度のJavaScript (flow code)で作成しました。タップやマウスしながら動かすと大量のパーティクルが拡散するような表現になっていますので、次をクリックしてブラウザで再生してみてください。


▲ HTML5 Canvasで作成しているので、Flash風のコンテンツもiPhoneで動きます

コンパイルの仕組み

公式サイトの手順に従ってfacebook flowと、自動コンパイラのJSXの両方をインストールします。flowコマンドはチェックツールであり、jsxコマンドのほうでflow codeのコンパイルを行う仕組みです。今回作成したコンテンツは次のようなフォルダ構造になっています。facebook flowではオリジナルのコードflow codeを拡張子.jsで書き、同じ拡張子.jsのファイルが別フォルダに出力される仕組みとなっています。

これを次のコマンドを用意してチェックやコンパイルを行います。

jsx --strip-types --harmony --watch src/ build/

facebook flowのプログラム言語

facebook flowの言語flow codeはTypeScriptのようなJavaScriptとなっています。ほとんどがTypeScriptと同様の記述方法であり、具体的には静的型付け・クラス・アロー関数などが用意されています。現行のJavaScriptのライブラリとして今回のデモではCreateJSを利用しましたが、公式サイトで紹介されているように「declare」キーワードを使うことで名前空間の解決ができました。今回作成したflow codeはこちらのリンクをご覧ください。

チェックツール(flowコマンド)でコードの間違いがカラフルに指摘されます。試しにわざと型違いのコードをflowにかけてみたら、関数に引数を与えるところでstring型とnumber型とが違うことを指摘しています。

コンパイラはHaxe言語(altJSの一つ)のコンパイラと同様にOCaml言語で開発されているのですが、Haxe同様にコンパイル処理が早いことが期待できます

類似のTypeScriptとの比較

ほぼTypeScriptと同じ要領でコードを書くことができましたが、TypeScriptにはあってfacebook flowには用意されていない機能があったので、違いを次の表にまとめてました。現時点ではTypeScriptのほうが高機能ですが、ロードマップで示されているfacebook flowの今後に期待したいところです。

    • 出力されたJavaScriptコードが汚い (これが出力された)
    • 現時点ではコードエディターの恩恵や、Gruntやgulpのようなタスクランナーが利用できない。(高機能で無料のエディターBracketsが比較的書きやすかったです)
TypeScriptflow code
アクセス修飾子public,
protected,
private が利用可
存在しない
メンバー変数の宣言初期値を代入可能初期値設定不可
(コンストラクタで記述して回避する)
nullチェック無い厳しくチェックする
配列の型指定Array<string>
string[]
※注釈1
Array<string>
string[]
コンパイラの開発言語TypeScript
(tscはNode.jsで実行される)
OCaml

※注釈1: 2014/11/25に当初は「string[]」のみと記載していましたが、TypeScriptでもArray<string>の文法が可能とご指摘頂きましたので訂正しました。

ライセンスについて

Facebook製ということもあり、Reactと同様にfacebook flowは「特許条項付きBSDライセンス」というライセンスになっています。

詳しくは記事「Facebookの特許条項付きBSDライセンスが炎上している件について | こんぴゅ | note」が参考になるでしょう。

最後に

facebook flowは既存のJavaScriptコードの資産の再利用しやすいのが利点だと感じました。既存のJSに対してもチェックツールとして働かせることもできるので、素のJavaScriptとaltJSとしてのflowコードを混在して開発したい場合にも役立つ可能性があります。

今後の進化に注目していきたいところです。