360°の全方向を自由に見渡せるコンテンツと言えばGoogleストリートビューが有名ですが、近年ではFacebookのタイムラインやYouTubeでも360°のパノラマ映像を見られるようになりました。不動産ポータルサイト「SUUMO」では、スーモスコープというダンボール製のVRビューワーを情報誌に付属し、物件の中を自由な視点で見渡せるVRコンテンツを公開しています。最近話題になったWebサイトでパノラマ動画を使った事例がありました(参照)。これらを一例として、Web業界では視点を自由に動かせる360°パノラマコンテンツが増えてきています。

「パノラマを作るのは難しそう」「どうやって作るのか想像がつかない」と思われがちですが、実は数万円程度の機材を準備すれば簡単にパノラマは作れます。本記事では、おすすめの360°カメラ「RICOH THETA S」の利点を紹介しつつ、パノラマ(静止画と動画の両方)をWebサービスで公開するお手軽な方法を解説します。

theta360.comのデモ

▲theta.comへアップロードしたパノラマ画像

360°の撮影には「RICOH THETA S」がおすすめ

RICOH THETA Sは価格や持ち運びやすさ以外にも、スマートフォンと相性がいいことも特徴の1つです。スマートフォンに専用のアプリ(※)をインストールすると、スマートフォンからの遠隔撮影や、Webへの公開が可能になります。

※専用アプリ「RICOH THETA S」[App Store][Google Play]

RICOH THETA S

▲RICOH THETA Sは前面と背面の2つのレンズでパノラマを撮影します

RICOH THETA Sで撮影したパノラマ画像

▲RICOH THETA Sで撮影したパノラマ画像

スマートフォンや一眼レフカメラで撮影する方法もある

RICOH THETA Sは安価で扱いやすい360°カメラですが、費用をかけずさらに手軽に撮影する方法や、もっと高解像の撮影が可能になる手段もあります。

スマートフォンで手軽に撮影する方法

手軽にパノラマを撮影したいという方にはスマートフォンアプリ「Googleストリートビュー」がおすすめです。
アプリの指示する方向にカメラを向けて撮影すると、簡単にパノラマを撮影できます。複数の画像を重ね合わせて1つのパノラマ画像を生成することもできます。画像のつなぎ目が荒い場合がありますが、モックアップ用途として見れば充分な出来栄えです。

Googleストリートビューのスマートフォンアプリで撮影したパノラマ

▲スマートフォンアプリ「Googleストリートビュー」で撮影したパノラマ

一眼レフカメラで高画質に撮影する方法

クライアントワークなどで高画質なパノラマが求められる場合は、一眼レフカメラを使って撮影します。一眼レフカメラの他に魚眼レンズやパノラマ撮影用の雲台、パノラマ編集ソフトなどが必要となり、少々ハードルが高い撮影方法です。詳しい撮影方法については記事「業務向けの高品質な360度パノラマ写真の作り方を紹介 | DRONEDIY」を参照ください。

次のページでは、RICOH THETA Sで撮影した静止画をWebサービスで公開する手順を解説します。