Adobeアドビ Systemsシステムズが主催の世界最大のクリエイティビティ・カンファレンス「Adobe MAX 2016」(カリフォルニア州サンディエゴ)。二日目は「スニークス」というAdobeが研究中の技術を発表する恒例の講演が行われました。ここで発表されたものは現時点では製品に搭載されていないものの将来的に製品に組み込まれるかもしれない技術。未来のCreative Cloudの新機能を一足先に知ることができます。本記事では発表された11のテクノロジーを、イベントに参加したスタッフ(池田鹿野)がレポートします。

161104-sneaks_eyecatch
▲11月3日(米国時間)の目玉プログラム「スニークス」。観客の注目度は高い

1. 紙に手書きして、3Dオブジェクトを着色するペイント技術

冒頭を飾ったのは未来のペイント技術「Stylitスタイリット」。マーカー付きの紙に塗り絵を描くと、3Dオブジェクトに着色されるというもの。デモでは、紙に円を描くことで、3Dモデルとして用意された恐竜が着色されていきました。

マーカー付きの紙に円を描き出すと(右)、3Dオブジェクトの恐竜の境界線に色がリアルタイムで反映されていきます(左)。

161104_adobemax_sneaks_-0025

円の内部を描くと、3Dオブジェクトの恐竜の胴体が塗られていきました。

161104_adobemax_sneaks_-0030

恐竜の陰影と地面に落ちる影まで含めて同期され3Dオブジェクトに反映されていきます。

背景や地面まで塗りが反映され、3Dオブジェクトへの着色が完成しました。

161104_adobemax_sneaks_-0042

他の3Dオブジェクトでも同様の効果が得られることを紹介。

161104_adobemax_sneaks_-0049

161104_adobemax_sneaks_-0050

▲全く別の塗りを適用しても、即座に塗りが適用される。クレヨンだけでなく絵の具の塗りも認識して、そのテイストで塗られる

これは静止画だけでなく、アニメーション動画にも適用が可能。1万人がいる会場で拍手喝采に。Stylitは http://stylit.org から試すことができます。ぜひ皆さんもこの技術の凄さを体験しましょう。

161104_adobemax_sneaks_-0057

▲動画でもこのエフェクトがリアルタイムで適用される

Adobeの公式チャンネルでスニークスの一部の発表がYouTubeで公開されています。この技術は動画でみたほうが凄みを感じられるので、次の動画の1分40秒のところをご覧ください。2分55秒には3Dオブジェクトへの着色が完成し拍手喝采になります。

2. サウンド解析で切り替わりを分析、映像編集に役立つ技術

音楽を高・中・低音に分離することで切り替わりポイントを解析し、音楽を映像クリップを同期させる技術「Sync Masterシンク マスター」。音域ごとに分解された「イベント」のポイントを自動的に生成することで、映像クリップの編集をサポートします。

161104_adobemax_sneaks_-0068

映像編集のタイムラインでドラッグすると、サウンドイベント(音楽の切り替わりのポイント)にスナップできます。

161104_adobemax_sneaks_-0084

音楽のビートにあわせて画面中央のロゴ画像がスケールアニメーションをするデモを紹介。動画編集の際、映像が音楽に自動的にシンクロするため、動画編集がしやすくなります。

161104_adobemax_sneaks_-0084

3. テーマカラーにあわせて自動的に写真の色調を整える技術

テーマカラーに写真の色調を最適化する技術「Color Chameleonカラー カメレオン」。グラフィックデザインにおいて、従来のワークフローではテーマカラーにあわせPhotoshopで写真を一枚ずつ補正するのは大変な作業でした。この機能をつかえばボタンひとつで、写真の色調をテーマカラーに合わせ、統一感のあるデザインに仕上げられます。

161104_adobemax_sneaks_-0108

▲自動的にマッチングするカラーを判別

161104_adobemax_sneaks_-0110

▲ 写真素材を配置しただけの状態。写真の色調に統一感がない

161104_adobemax_sneaks_-0111

▲ ポスターのテーマカラーにあわせて写真の色調が統一される

4. 滑らかな映像ループを生成する技術

動画が矛盾なくループするように自動的に調整してくれる技術「Loop Welderループ ウェルダー」。映像素材がループするときに発生する「ガクッ」という始点と終点のずれを滑らかに補正できます。Webコンテンツ、SNS、プロの作品、動画の尺伸ばし等さまざまな場面で使えます。

161104_adobemax_sneaks_-0117

▲レコードが回る動画を使って、滑らかにループ可能な映像素材に変換

161104_adobemax_sneaks_-0128

▲DJの動画を使って、これも滑らかにループ可能な映像素材に変換

短いクリップ中のループできるポイントをみつけて、2秒の映像クリップを1分の尺を自然に延ばすことも可能。尺を伸ばした映像クリップをPremiere Proに取り込んで紹介していました。

161104_adobemax_sneaks_-0136

▲映像クリップのループ可能な箇所を分析

161104_adobemax_sneaks_-0137

▲尺を伸ばした映像クリップをPremiere Proに取り込む

次のページでは画像検索技術とベクターとレース技術、ペイント技術を紹介します。