Swiftの入門記事連載

Swiftの入門記事連載

Mac、iPhone・iPad、Apple Watch。これらのApple製品上で動くアプリはObjective-CとSwiftという言語で開発することができます。Swiftは2014年に発表され、他のプログラミング言語の長所を多く取り入れたプログラミング言語です。何かしらのプログラミングの経験がある開発者にはもちろん、これからプログラミングを始める人にも比較的学習しやすいものとなっています。この連載記事では、Swift言語の入門から応用サンプルまでを紹介します。

入門編

簡単なサンプル制作を通してSwift言語を学んでいきましょう。今、必要なのはMacだけ。XCodeの導入方法から解説していきます。

WebエンジニアのためのSwift言語入門
iOSアプリにおけるパーティクル表現作成を通して、HTMLやJavaScriptのようなWeb開発技術と比較しながらSwiftを始めてみましょう。
10分で試せる! Swiftを使った初めてのiOSアプリ開発入門
iOSアプリ開発の最も基本的なフレームワークである「UIKit」を使ったアプリ開発を、開発環境である「Xcode」の操作方法を交えながら解説します。

応用編

Swiftはパフォーマンスも良好で、最先端のAppleのOSの機能を使うことができます。Apple Watchのアニメーション制作に挑戦してみましょう。


WatchKitで作るApple Watchアプリのアニメーション制作入門

Apple Watchで動作するモーションを作ってみましょう。WatchKitにおけるアニメーション作成方法を説明します。

iOSにおけるSwift/Unity/PhoneGap/Adobe AIRのパフォーマンス比較検証

ゲーム開発の分野ではUnityやAdobe AIRが人気ですが、アプリ開発でのSwiftの利点はどうなのでしょう? Swiftのパフォーマンスを調査しました。