トゥイーンとは、始点と終点を設定してアニメーションさせるテクニックです。「間」を示すBetweenという単語から作られていれた用語です。CreateJSでは次の記述でトゥイーンを実装します。

createjs.Tween.get(対象)
     .to(パラメーター, ミリ秒);

createjs.Tweenクラスの詳しい使い方は「公式ドキュメント(英語)」を確認ください。 ※トゥイーン機能を提供するJSライブラリはCreateJSに含まれる「TweenJS」となります。

モーションを設定する

具体的な例を見て理解を深めて行きましょう。2000ミリ秒かけて円がx座標が0から940pxまで移動します。

// 円のシェイプを作成
var circle = new createjs.Shape();
circle.graphics.beginFill("DarkRed").drawCircle(0, 0, 50);
circle.y = 200;
stage.addChild(circle);

createjs.Tween.get(circle) // ターゲットを指定
		.to({x: 940}, 2000);

to()メソッドの詳しい使い方は「公式ドキュメント(英語)」を確認ください。

複数のモーションを設定する

to()メソッドには複数のパラメーターを設定し、同時にモーションさせることもできます。次のコードは、x座標にくわえてy座標と透明度のalphaを変化させています。

// 円のシェイプを作成
var circle = new createjs.Shape();
circle.graphics.beginFill("DarkRed").drawCircle(0, 0, 50);
circle.x = 0;
circle.y = 0;
stage.addChild(circle);

createjs.Tween.get(circle) // ターゲットを指定
		.to({x: 940, y:500, alpha:0.1}, 2000);

連続のモーションを設定する

TweenJSはメソッドチェーンと呼ばれる書き方で、複数のモーションを設定することができます。.;の記述する場所に気をつけましょう。

// 円のシェイプを作成
var circle = new createjs.Shape();
circle.graphics.beginFill("DarkRed").drawCircle(0, 0, 50);
stage.addChild(circle);

createjs.Tween.get(circle) // ターゲットを指定
		// 画面右下へ移動
		.to({x: 940, y: 500, alpha: 0.1}, 2000)
		// 画面中央上へ移動
		.to({x: 500, y: 0, alpha: 1.0}, 3000)
		// 画面中央へ移動
		.to({x: 500, y: 300}, 3000)
		// 300%の大きさに変形
		.to({scaleX: 3, scaleY: 3}, 5000);

モーションに緩急を設定する

モーションに緩急をつけることで表現のバリエーションを増やし、「心地よさ」や「わかりやすさ」を高めることができます。モーションの緩急は「イージング」という用語として呼ばれます。CreateJSでは、to()メソッドの三番目の引数にイージングの種類を設定します。

書式

createjs.Tween.get(対象)
     .to(パラメーター, ミリ秒, イージングの種類);

イージングの種類は主に以下があります。

  • ease.Ease.cubicIn 始まりがゆっくりで、加速していく
  • ease.Ease.cubicOut 始まりが最高速で、減速していく
  • ease.Ease.cubicInOut 始まりがゆっくりで加速し、最後は減速する
  • ease.Ease.bounceOut ボールが跳ね返るような動き
  • ease.Ease.backOut 目標を行き過ぎてから戻ってくる動き

他にもイージングの種類が存在しますが、TweenJSのサンプルを試すと違いがわかりやすいでしょう。

createjs.Easeクラスの詳しい使い方は「公式ドキュメント(英語)」を確認ください。

サンプル

// 円のシェイプを作成
var circle = new createjs.Shape();
circle.graphics.beginFill("DarkRed").drawCircle(0, 0, 50);
circle.x = 400;
circle.y = 0;
stage.addChild(circle);

createjs.Tween.get(circle) // ターゲットを指定
		.to({y: 490}, 2000, createjs.Ease.bounceOut);

次の記事へ

公開日 : / 最終更新日 :
※この記事は CreateJS の2017年10月にリリースされたバージョン1.0.0を元に執筆しています。