Adobe Animate CCからHTML5 Canvas素材として書き出し、CreateJSで利用する手順の解説、2弾目です。

Adobe Animate CCで画像ファイルを含むコンテンツを作っていた場合に、先の解説と一部手順が異なります。

※この記事は、Animate CC 19.1 (CC 2019)での解説内容となります。Animateの以前のバージョンでは動作しない可能性が高いのでご了承ください。

Adobe Animate CCを起動

今回はCreateJS用のグラフィックとモーションを用意したいので、起動したら[新規作成]の一覧から[HTML5 Canvas]を選択します。

作成したら作業用フォルダにHeartAsset.flaファイルとして保存しましょう。

2. シンボルを作成する (ここでは「Star」という名前で作成)

ファイルの読み込みをして、画像を取り込みましょう。

3. Animate CCで[プレビュー]するとHTML5素材が出力される

メニューバーから[制御]→[プレビュー]を選択しましょう。するとブラウザが立ち上がり、描いたグラフィックが表示されます。これはHTML5 Canvas (つまりCreateJS)で表示されています。

このときHeartAsset.flaファイルと同階層にいくつかファイルとフォルダが作られます。

  • HeartAsset.html : HTML5 Canvasを再生するための再生用のHTMLファイル。
  • HeartAsset.js : Animate CCで作成したデータが保存されているファイル。
  • images : 画像が格納されたフォルダ。

4. 別ファイルとしてHTMLファイルを作成

制御用のHTMLとして作業用フォルダにindex.htmlファイルを用意しましょう。HeartAsset.flaファイルと__同階層に配置ください__。

5. CreateJSフレームワークを読み込みましょう

index.htmlファイルにHTMLコードを書いていきましょう。必要なbodyタグやcanvasタグは事前に記載しておいてください。

まずはCreateJSフレームワークをheadタグの中で読み込みましょう。

<!-- CreateJSを読み込む-->
<script src="https://code.createjs.com/1.0.0/createjs.min.js"></script>

6. Animate CCから出力したJSファイルも読み込む

index.htmlファイルと同じ階層に、HeartAsset.flaファイルから出力したHeartAsset.jsファイルが存在するはずです。このファイルを読み込むため<script>タグで取り込みましょう。

<!-- Adobe Animate CCのデータを読み込む -->
<script src="HeartAsset.js"></script>

7. CreateJS起動のためのコードを記載する

CreateJSを起動するためのコードを記載しましょう。コードが長くなりますが、モーション中に利用する画像ファイルを先読み(プリロード)する仕組みが入っています。コード中の★★★の箇所はFLAファイルごとにIDが異なりますので、パブリッシュしたファイル内からIDを調べて入力ください。

window.addEventListener("load", init);

// コンポジションのIDは出力したJSファイルから調べる必要がある
var comp = AdobeAn.getComposition("★★★");
var lib = comp.getLibrary();

function init() {
  images = window.images || {};

  var loader = new createjs.LoadQueue(false);
  loader.addEventListener("fileload", function(evt) {
    handleFileLoad(evt, comp);
  });
  loader.addEventListener("complete", function(evt) {
    handleComplete(evt, comp);
  });
  loader.loadManifest(lib.properties.manifest);
}

function handleFileLoad(evt, comp) {
  // 読み込んだ画像を保存
  var images = comp.getImages();
  if (evt && evt.item.type == "image") {
    images[evt.item.id] = evt.result;
  }
}

function handleComplete(evt) {
  // スプライトシートに展開
  var ss = comp.getSpriteSheet();
  var queue = evt.target;
  var ssMetadata = lib.ssMetadata;
  for (i = 0; i < ssMetadata.length; i++) {
    ss[ssMetadata[i].name] = new createjs.SpriteSheet({
      images: [queue.getResult(ssMetadata[i].name)],
      frames: ssMetadata[i].frames
    });
  }

  // ここから初期化処理を書く
}

8. Animate CCのコンテンツを呼び出す

Animate CCのシンボル名の先頭に「lib.」をつけるとクラスとして利用できます。ルートのタイムラインは「lib.ファイル名」として呼び出せます。

var root = new lib.HeartAsset();
stage.addChild(root);

この「lib.HeartAsset」というのはFLAファイル名と一致します。

9. 表示オブジェクトとしてStageに追加して制御しよう

このあとは、tickイベント等を登録して画面更新をさせましょう。

// 時間経過
createjs.Ticker.addEventListener("tick", onTick);
function onTick(){
  // 画面更新
  stage.update();
}

代替手段

Animate CCで出力したHTML/JSファイルは構成が複雑なため、データを持ってくるのは大変です。 代替手段としてAnimate CCで出力したHTMLファイルをそのまま使って、JSを書く方が簡単かもしれません。

この場合、flaファイルと同名のHTMLには、次のコードが末尾に記載されています。fnStartAnimation();の次の行からJavaScriptを書き始めるといいでしょう。

makeResponsive(false,'both',false,1);	
AdobeAn.compositionLoaded(lib.properties.id);
fnStartAnimation();

この方法で処理する場合は、Animate CC側で[パブリッシュ時にHTMLファイルを上書き]のチェックマークを外すことを忘れないようにしましょう。これのチェックボックスが付いていると、パブリッシュする度にHTMLファイルが上書きされてしまうためです。

公開日 : / 最終更新日 :
※この記事は CreateJS の2017年10月にリリースされたバージョン1.0.0を元に執筆しています。