アメリカ・ロサンゼルスにて開催されているアドビシステムズ(以下、アドビ)のクリエイティブティ・カンファレンス「Adobe MAX 2015」。初日の基調講演(参考記事「[速報]Adobe MAX 2015 基調講演レポート」)に続いて、二日目は「スニーク・ピーク」というアドビが開発中の実験技術を紹介する講演が行われました。紹介された技術は将来的に搭載されるかもしれない技術であり、未来のAdobe Creative Cloudの新機能を一足先に知ることができます。現地に渡った弊社ICSの池田鹿野の二人が速報レポートとしてお伝えします。

簡単な操作で新しいフォントを作り出せる技術:Project Faces

フォントの骨格を解析し、字形を自由自在に調整し新しいフォントを作成できる技術。

フォントの字形の骨格が解析される

字形の太さ・斜体・髭・ステンシル・横棒・手書き風の歪みをスライダーで調整することができ、独自のフォントを作り出することができます。調整したフォントはベクターデータやフォントファイルとして書き出すことができます。

フォントの太さを調整

フォントを細くすることができる

手書きのような歪みを適用することも可能

ステンシル加工もできる

Adobe MAX参加者はこの技術を目の当たりにし、いかようにもフォントが調整できるようになるので、フォントの著作権がどうなるのだろうと議論し合いました。意匠的にも市場的にもインパクトの大きい技術だと筆者は感じました。

写真から3Dデータに変換、それも3Dプリンタで印刷:Photoshop 3D Portraits

3D Portraitsは平面(2D)の顔写真を解析し、三次元化する技術。三次元したデータはPhotoshopで開くことができ、3Dプリンタで印刷するデモが実演されました。

  1. 「Auto Detect」で人物の顔の要素を認識させる
  2. 青色のラインは顔の輪郭や目や鼻を認識したことを示す。誤認識は手作業で調整が可能
  3. 専用ソフトにて約15秒のGPU処理を得て、3Dに変換される
  4. OBJファイルとしてPhotoshopで開くことが可能
  5. Photoshopから3Dプリンタで印刷できる
  6. 人物の顔が3Dのポートレートオブジェになる(※)

顔の要素を自動解析させる

3Dデータ(OBJファイル)はPhotoshop CCで読み込むことができる

人物の顔画像をテクスチャにすれば、3Dの人物データができる

ステージでは印刷された3Dのポートレートオブジェの実物が紹介された

二次元の画像から立体化する技術だけでも十分驚きですが、3Dプリンタで印刷するワークフローまで提案されました。技術自慢というわけでもなく、マーケットも意識されている発表でした。