アドビシステムズ(以下、アドビ)のクリエイティブティ・カンファレンス「Adobe MAX 2015」が日本時間10月5日(現地時間10月4日)、アメリカ・ロサンゼルスにて開幕しました。このイベントは全世界から7000人以上が参加し、基調講演とセッションが3日間にわたって開催されます。初日は基調講演としてアドビのロードマップが示されました。現地に渡った弊社ICSの池田鹿野の二人が速報レポートとしてお伝えします。

Adobe MAXメイン会場

Adobe MAX 2015のダイジェスト

  • アドビとモリサワの提携が発表。モリサワフォントがデスクトップとWebフォントで利用可能に。
  • Creative Cloudを利用したワークフロー「Creative Sync」をアドビが提案。
  • Apple iPad ProとApple Pencilを大々的に使ってのプレゼン。
  • 来場者全員にFUJIFILMのミラーレス一眼カメラとAdobe STOCK 年間使用権をプレゼント。

冒頭ではアドビのクリエイティビティーに対する方針が再主張された

Adobe MAXが開催された会場はアメリカ・ロサンゼルスにあるMicrosoftシアターです。恒例のプロジェクション・マッピングのオープニング映像からはじまりました。

その後、社長兼CEOシャンタヌ ナラヤン氏やSVPのブライアン氏が登壇し、「4年前にAdobe Creative CloudをAdobe MAXで発表し、クリエイティブを変えていこうとした」ことの正当性や、方針の重要性を主張しました。

ブライアン氏の登壇

新しいワークフローCreative Syncの提案

アドビは2011年のAdobe MAX開催以降、モバイルデバイスにおけるクリエイティブツールの重要性を力説し、多くのモバイルでのクリエイティブアプリを公開してきました(例:Proto, Photoshop Mix, Shape, Draw, Inspect等)。今回はその路線を拡大し、SketchやComp CCなどのアプリを再度紹介しました。従来のバージョンではモバイルとデスクトップで素材を同期できる機能は「Creative Cloud ライブラリ」とされていましたが、今回の発表ではそのワークフローを「Creative Sync」として再定義されています。

新しいワークフローの提案

今回、新しいモバイルアプリCAPTURE CCを発表しました。CAPTURE CCではテクスチャ素材を加工してアブストラクトを生成することができます。モバイルアプリで作成したアブストラクトはCreative SyncによってデスクトップのPhotoshop CCに即座に同期されウェブサイトのデザインに組み込むことができます。モバイルで制作したものが、すぐにデスクトップでの編集に利用できるというのが、Creative Syncの真骨頂なのでしょう。

Creative Sync

ストックフォトサービスAdobe Stock

ADOBE STOCKは4000万枚の素材が利用できるストックフォトサービスです。扱っているものに写真やベクター素材、(後述しますが)動画素材があります。ヨガのワークショップサイトを題材に、Adobe Stockから写真のライセンスを購入するフローが紹介されました。またADOBE STOCKの年間ライセンスを来場者にプレゼントすることを発表しました。突然のプレゼントに来場者は拍手喝采となりました。

ADOBE STOCKを使ったデモ1