コーディング向けの日本語対応の等幅フォント「Sourceソース Hanハン Codeコード JPジェイピー(和名:源ノ角ゴシック Code JP)」が、2015年6月4日に公開されました。「源ノ角ゴシック Code JP」は、プログラミングやHTML/CSSのコーディング、ターミナルでのテキスト表示など、和欧表示用フォントとしての利用を想定されたフォントです。

ダウンロードはこちらから

Release Fonts (OTF, OTC) · adobe-fonts/source-han-code-jp · GitHub
※このフォントは無償でダウンロード可能です。OTCとTTFの両方のフォーマットで配布されているので、Windows/macOSともに簡単にインストールできます。
※上記リンクの「Fonts version [バージョン番号] (OTF, OTC)」となってい箇所の[Source code (zip)]をクリックするとフォントがダウンロードできます。

Source Han Code JPは等幅フォントの決定版

私にとってプログラムのフォント選びは、十数年の間、ゴールが見えない状態でした。欧文の等幅フォントだけこだわってみたり、不安ながらも野良フォントを試したり、仕方なくOSデフォルトのフォントに落ち着いたり、そんなローテーションを繰り返してばかりでした。Source Han Code JPはそんな私には願ってもないフォントで、これで日本語対応の等幅フォントを探す旅が終わるように思っています。

このフォントの利点は次の通りですが、本記事ではこのフォントが登場した背景やフォントの特徴を紹介します。

  • 数少ない日本語対応の等幅フォント
  • 英字と記号は、字形の区別がつきやすい「Source Code Pro」がベース
  • 日本語はバランスのいい「源ノ角ゴシック」がベース
  • ウェイトが7種類揃っている
  • 無償でダウンロード可能 (ライセンスはSIL OPEN FONT LICENSE Version 1.1)
  • フォントを取得するのに生成スクリプトを実行する必要がない

Source Han Code JPの登場が喜ばしい理由

Source Han Code JPはコーディング用途の「Source Code Pro」をベースに、日中韓フォント「Source Han Gothic (和名:源ノ角ゴシック)」を組み合わせた等幅フォントです(名前が似ていて紛らわしいため、以下では後者の日中韓フォントを「源ノ角ゴシック」と記載します)。

ベースとなった欧文フォントSource Code Proはコードの可読性が考慮されており、例えば「Il1」や「0O」の字形を区別しやすいのが特徴で人気を集めていました。

150615_fonts

▲メジャーな日本語対応の等幅フォントの比較。Windowsにプリインストールされている「MS ゴシック」は0(ゼロ)とO(オー)や|(パイプ)とl(小文字のエル)の区別がつきにくい。その他のフォントは明確に字形が区別できるように工夫が凝らされている

しかしSouce Code Proは英字・記号のセットしかもっていなかったため、日本語や全角記号には別のフォント(例:Osaka 等幅やMS ゴシック)が使われることとなります。フォントの組み合わせによっては見栄えが低下し物足りなく思っていた方は多いと思います。

「Source Han Code JP」は従来の欧文フォント「Source Code Pro」に和文フォント「源ノ角ゴシック」を加えることによって、日本語も充実したコーディング用フォントとして登場したのです。またフォントの開発の経緯にあたっては窓の杜にて次のように紹介されています。

Adobeの日本語フォント開発チームに所属する服部正貴氏が、欧文フォントである「Source Code Pro」と日本語フォントである「Source Han Sans JP」をそのまま組み合わせて利用するとエディターで適切に表示されないことに不満を感じて個人的に始めたオープンソースプロジェクトで、両者が調和するようにサイズやウェイトなどを調整してある。

日本語表示も考慮されたコーディング向けのフォント「Source Han Code JP」が公開 – 窓の杜

次のページではフォントの特徴をさらに紹介します。