4. Gulpのインストール

Gulpを実行する為に、Gulp本体をローカル環境に(プロジェクトフォルダー以下で使えるように)インストールします。

▼コマンドライン

npm install -D gulp

package.jsonファイルを開くと、devDependenciesというキーに、インストールしたプラグイン名とバージョンが記載されているのを見ることができます。
––save-dev、もしくは省略形の–Dという指定をするのが一般的です。

以上の手順でGulpが使える状態になりました。

記事によってはnpm install -g gulp-cliとグローバルにGulpを導入する手順を解説しているところもあります。2017年現在、それは少数派です。この記事で説明しているように、グローバルにはGulpをインストールせずローカルだけにインストールするのがフロントエンド界隈では一般的です。

Gulp導入手順のビデオ

WindowsとmacOSのそれぞれのインストール手順を録画しています。導入の手順でつまづくことがあれば、次の動画と見比べて手順に間違いがないか確認ください。インストールが成功している場合は読み飛ばして構いません。

WindowsでのGulp導入手順

Windowsでは、公式サイトからNode.jsをインストールした後、コマンドプロンプトを使用してGulpを導入します。

macOSでのGulp導入手順

macOSでは、公式サイトからNode.jsをインストールした後、ターミナルを使用してGulpを導入します。

次のページではGulpとSassの使い方を解説します。