先日はCI環境のサンプルとして「作業の効率化のためのCI環境構築」を紹介しました。この記事を公開したところ、環境構築の仕方を知りたいとのご要望を多数の読者から頂きましたので、複数回の記事に分けて説明したいと思います。

Jenkinsを利用されている方は、LinuxやmacOSで利用されている方が多いと思いますが、本記事ではサーバが苦手な人でも導入できるよう、「Windows環境を使ったCI環境構築」をテーマとして手順を説明します。

1.ソフトウェアのインストール

環境構築に必要なソフトウェアをインストールしましょう。必要となるソフトウェアは以下になります。

Jenkinsのインストール

Jenkinsには2つのバージョン「LTS Release」(ロング・タイム・サポート版) と「Weekly Release」(週間リリース版)があります。本記事では前者のバージョン2.7.2での手順を解説します。LTS版は長期サポートを目的として提供されているため、安心して導入できます。

Jenkins ダウンロード

Windows版のインストーラー「jenkins-2.7.2.zip」ファイルはJenkinsの公式サイトから、上図のように「Windows」を選択してダウンロードします。インストーラーをダウロードしたら「jenkins.msi」ファイルをダブルクリックしてインストールしましょう。

jenkins-win-installer

インストール先は、デフォルトではC:Program Files (x86)Jenkins等となっていますが、インストールディレクトリ内に作業フォルダが作成されるため、C:JenkinsのようにCドライブ直下にJenkins用のフォルダを設置し、そこにインストールすることをオススメします。

jenkins-win-install-folder

インストールが完了すると、以下のアドレスからJenkinsにアクセスできるようになります。

http://localhost:8080/

はじめてJenkinsを起動すると、パスワードの入力が求められます。パスワードはJenkinsをインストールしたフォルダー内にテキストファイルとして格納されています。

jenkins-win-password-admin

パスワードが記載された「initialAdminPassowrd」ファイルをテキストエディターで開き、上図の「Administrator password」欄に入力しましょう。

jenkins-win-install-password

プラグインのインストール画面に進みます。本記事ではデフォルトの「Install suggested plugins」を選択します。プラグインのインストールが自動的に始まりますので、完了するまで数分ほど待ちましょう。

Jenkins プラグインのインストール

プラグインの完了後に「Create First Admin User」画面になりますが、Jenkinsを利用するユーザーを作成します。

Jenkinsのアカウント作成

これでJenkinsのインストールが完了です。

jenkins-win-create-job

次のページではGitとWinSCPのインストール手順を解説します。