米アドビシステムズが主催のクリエイティビティ・カンファレンス「Adobe MAX 2018」(ロサンゼルス)。2日目の10月16日は「スニークス」と題してAdobeの研究中の技術が発表されました。スニークスはAdobe MAXで最大の盛り上がりをみせる恒例の人気イベントです。

▼「スニークス」が開催されたのは2018年10月16日(米国時間)

ここで発表されたものは現時点では製品に搭載されていないものの将来的に製品に組み込まれるかもしれない技術。現地のイベントに自費参加したスタッフ(池田 @clockmaker)がレポートします。

今年は、画像解析にAIの「Adobe Sensei」を活用した次世代技術が多く扱われました。

▼Adobe MAX 2018には14,000人が参加

フォント解析によって、他の字体も作る技術

字体のパターンを学習して、全文字のフォントを生成する技術「#FontPhoria」。

文字をチーズの穴のようにくり抜いた装飾を用意したとします。これは他の文字に適用しようとすると、人力で手間のかかる作業です。

AIによってパス化されたフォントを自動解析。他の文字にも「チーズの穴」を適用できます。

実はフォントとして認識されているので、自由入力ができるテキストとして扱えるようになります。「CHEESE」を「SPICY」という文字列に変更してます。

アウトライン化されてしまった文字からもフォントを復元できます。血塗られたフォントなど、Adobe Senseiがどういう加工をしたいのか意図を汲み取って解析してます。

ここに表示されていない文字も、テキスト再編集ができます。「DEAD」という文字が「SNEAK」に変更されています。

写真で撮った文字を認識させると、同じ雰囲気のフォントを作ってしまいます。

動画から被写体をレイヤー分離する技術

動画の最初の一コマをマスクするだけで、すべてのコマが自動で切り抜き可能な状態にする技術「#ProjectFastMask」。

動画の被写体の輪郭を何箇所かクリックするとAdobe Senseiが被写体の輪郭を認識します

このあと、動画のすべてのコマを自動的に解析し、マスク(映像の切り抜き箇所を指定すること)を作ってくれます。

マスク化されているので、被写体と背景の間にレイヤーを挟み込んでも自然な仕上がりになります。

素人が手取りで撮影したようコンテンツでもAIが自動的に解釈してマスクを作ってくれます。

障害物が入っても、障害物を認識してマスクしてくれます。

静止画から立体的な動画を作れる技術

一枚の静止画からカメラワークをともなったようなモーション映像を作る技術「#MovingStills」。

被写体と背景の関係をAdobe Senseiが自動認識します。「Animate」というボタンをクリックするだけで、視差のある立体的なモーションが実現できます。

モーションの指定も可能。左から動くか、下から動くか。

クローズアップ(近づくモーション)も細かく指定できます。

クローズアップもこのように自然な仕上がりになっています。

さまざまな写真を使って、作例を紹介。

次のページでは動体追跡や音声変換の技術を紹介します。