米ロサンゼルスで開催中のAdobe MAX 2018で、iPad版のPhotoshop CCの開発を発表されました。現地で見たiPad版Photoshop CCは想像をはるかに超えた軽量アプリでした。

デスクトップ版と遜色ない機能

▲iPad版Photoshop

iPad版のPhotoshop CCは、一言でいえばフル機能のPhotoshopそのものです。PSDファイルを読み込め、レイヤーやマスクは完備。当然Apple Pencilにも正確な筆圧感知でサポートしています。

▲Apple Pencilでブラシを使って描く

▲レベル補正のためのレイヤーマスクを作っている

▲カラーパレット

▲グラデーション塗りを、ブレンドモード「ソフトライト」で合成

ラウンドトリップ編集が可能

デスクトップ版Photoshopで編集していたPSDファイルを、iPad版Photoshopで続けて編集するといった使い方も可能。


▲デスクトップ版Photoshopで編集した状態


▲モバイル版Photoshopで開くと、クラウド同期されている

場所を選ばずにクリエイティブな作業をできるのが利点です。

操作が滑らかで、デスクトップ版を上回ってる

基調講演のデモでは、iPad版Photoshopはとてもなめらかに動作していました。

▲ズーム操作も滑らか

ヘビーユーザーの筆者の感覚としては、デスクトップ版Photoshopよりも快適に動いているように見えます。iPad Proのディスプレイは120Hzのリフレッシュレートですが、その恩恵を最大限感じられそうです。デスクトップ版よりも快適ならiPadで作業したくなりそうです。

Appleと協力

Photoshopは長い歴史のあるソフトウェア。30年も開発されており、実はレガシーコードの塊のようになっています。

▲レガシーコードが多いと、開発が大変ですよね…

今回のリリースにあたっては、Appleとの協力によってコードを棚卸ししたとのこと。基調講演では、Appleのシラーが登壇し、Adobeとの協力関係について強調していました。

まとめ

いままで、AdobeはFix、Mix、Sketch、Touch、ExpressなどPhotoshopの名前を冠した簡易版アプリをモバイル向けに提供してきました。「また今回も同じような位置づけかな?(ユーザーに忘れ去られたころにPS Touchのように開発が終了しないかな?)」と思いきや、本気度の違いが伺えます。iPad版Photoshopは夢のソフト。お値段の言及は基調講演でありませんでしたが(個人的な予想だとCC契約者は他のアプリと同様に使える)、2019年のリリースが楽しみですね。

以上、現地に出張した池田がレポートしました。なお、多くのメディアが発信しているのは公式情報のみ。弊サイトではユーザー視点での情報を大事にしています。Adobe MAXの本質はセッションで追加情報を得ること。おもしろい情報を得ましたら、この記事に追記します。