Selenium IDE(セレニウム・アイディーイー)とは、ブラウザ操作を記録・再現できるChrome、Firefoxで利用可能な拡張機能(アドオン)です。

手軽に記録・再現ができるため、アイデア次第で色々な使い方ができます。筆者は会社の打刻操作(社内サイトへアクセス→ログイン→打刻ページへ遷移→打刻ボタンをクリック)を記録し、自動実行することでいち早く出社ができるようにしていました。

その他にも開発時に繰り返し行うようなデバッグ作業やルーティーン作業を記録することで、以下のような活用もできます。

  • ゲーム開発のデバッグ時に、スタート画面からデバッグしたい画面までの移動操作を記録しておき、任意の画面に素早く遷移できるようにする。
  • 入力フォームなどに文字を入力する操作を記録しておき、自動入力させる。

本記事では、Webアプリケーションの開発に役立つSelenium IDEについて紹介します。

Selenium IDEとはテストケースを生成するツール

Selenium IDEは、UIテストツールであるSelenium(セレニウム)で実行するテストケースを自動生成するツールです。

テストケースは、JavaScriptやJava、Python、Rubyなど様々な言語で作ることができますが、普段プログラムを作成していないコーダーやデザイナーが利用するには少し抵抗がありますし、プログラム作成に慣れている方でも、大量のテストケースをゼロから作成していくにはとても手間がかかります。

Selenium IDEは、ブラウザで操作した内容を記録・再現ができるため、プログラムを書くことなくUIテストを実施したり、テストケースを作成できます。

UIテストツールのSeleniumについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

Selenium IDEのインストール

Selenium IDE自体は、FireFoxのアドオンとして以前より多くのユーザーに使われていましたが、Firefox 55のリリースで拡張機能の仕組みが切り替わったことに影響し、動作しなくなっていました。そのため、以前より利用している方は、サードパーティー製の類似のツールを使用したり、FirefoxをバージョンダウンしてSelenium IDEを利用していた方も多いと思います。

しかし、2017年12月に新しい拡張機能の仕組み(Web Extentions)に対応した形で作り直され、新しくなったSelenium IDEがv1.0としてリリースされました。また、Web Extensionsに対応したことでFirefoxだけでなくChromeでも利用できるようになっています。

Chromeでのインストール方法

Chromeウェブストアより入手できます。「Selenium IDE」で検索し、インストールください。

Firefoxでのインストール方法

Firefox Add-onsでは配布されていないため、GitHubのリリースページからアドオン(.xpi形式)をダウンロードし、手動でインストールください。

次のページではSelenium IDEの使い方を紹介します。