Adobeアドビ Systemsシステムズが主催の世界最大のクリエイティビティ・カンファレンス「Adobe MAX 2017」(ネバダ州ラスベガス)。二日目の10月19日は「スニークス」と題してAdobeの研究中の技術が発表されました。スニークスはAdobe MAXで最大の盛り上がりをみせる恒例の人気イベントです。

ここで発表されたものは現時点では製品に搭載されていないものの将来的に製品に組み込まれるかもしれない技術。過去の例を挙げると、Photoshopのディフォグ(霧を増減させる)機能やマッチフォント機能、最新のPremiere Proに搭載されたイマーシブ空間内での編集機能もかつてスニークスで発表された技術です。本記事では発表された11のテクノロジーを、現地のイベントに参加したスタッフ(池田)がレポートします。

今年は人工知能Adobe Senseiをフル活用した次世代技術のオンパレードでした

▲2017年10月19日(米国時間)の目玉プログラム「スニークス」。今年は水平130Mの巨大なスクリーンが用いられた

▲Adobe MAX 2017には12,000人が参加。写真は巨大な会場の一部。ビールを片手に発表を愉しむ

モノクロの写真やイラストを自動着色する技術「Project Scribbler」

人工知能のAdobe Senseiが数千万枚の写真を学習して、モノクロ写真に色をつけます。膨大なアーカイブ写真から肌色などを判断するので精度が高いのが特徴です。

Adobe Senseiはイラストにも着色できます。イラストは落書きレベルのものからでもしっかり着色。学習ソース量が膨大なので高精度で仕上がってます

鞄のイラストにテクスチャを指定すると、鞄を描かれます。左のようにザックリとした指定でもいいのですね。

Project Scribblerを用いて着色したイラストの完成品。この品質のものがほぼ自動でできるので、イラストや漫画制作の人力作業が大幅に楽になりそうです。

スニークスでの発表の動画は公式チャンネルで見れます。鞄のテクスチャーを設定するデモ(4分00秒)が一番盛り上がっています。

コンテンツに応じた塗りつぶしに人工知能を加えた技術「Scene Stitch」

クリックするだけで写真の全景をいい感じに差し替えてくれる技術。PhotoshopやLightroomに搭載の「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能を人工知能が補完することで実現しています。選択した領域にフィットするように、Adobe Senseiがストックフォトから適した写真を選び自動的にコラージュします。

例えば次の自然の写真から、道路を取り除きましょう。

従来の「コンテンツに応じた塗りつぶし」だと違和感があります。

Scene Stitchを使うと、ストックフォトから複数の合成パターンを提案してくれます。

公園の写真を例に実演。緑の芝生が消えて、ゴルフ場が合成されました。

街の写真を例に。手前の街が消えて、浜辺が合成されました。

スニークスでの発表の動画は公式チャンネルで見れます。Adobe Senseiによって合成された写真を表示するデモ(2分00秒)が最初の盛り上がりです。

画風を人物写真に適用する技術「Project Puppetron」

画風をAdobe Senseiが解析し、人物写真に適用する技術です。右の人物写真を、左の漫画の画風に自動変換します。


漫画のような画風に変換されました。

様々な画風に対応しています。

画風だけではなく、動物にも木彫りにも銅像にも変化させられます。

また、Adobe Character Animatorでリアルタイムで合成するといった応用例も示されました。

スニークスでの発表の動画は公式チャンネルで見れます。0分30秒からのデモの連続がオススメ。2分40秒以降は、この技術では表現調整が可能なことも示しています。

次のページに続きます。VR映像を3D化する技術や、驚異的な3D検索ツールを紹介します。