ソースコードのバージョン管理にGitを使うのはもはや当たり前・・・というのは言い過ぎではないはず。プログラマーやコーダーだけでなく、デザイナーやプランナーにもGitに興味を思っている方が増えているのではないでしょうか。この記事ではGitをサクッと始めるための手順を紹介します。

SourceTreeソースツリーはGitの操作ができるアプリケーションです。WindowsとmacOSのどちらでも使用でき日本語に対応しています。今回はSourceTreeを使って、GitHubにファイルをアップロードするまでの流れを紹介します。

※ 本記事はSourceTree Windows版ではv1.10.23、macOS版では2.4.1を対象に解説しています

GitとGitHub、SourceTreeとは?

「Git」は複数人でプログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するためのバージョン管理システムです。バージョン管理を行うとファイルを簡単に昔の状態に戻すことができるため、どのタイミングでバグが発生したかといった調査を行いやすいメリットがあります。また特定のバージョンから複数のバージョンに分岐して、あとからまとめるといったことが可能です。

Gitでは「リポジトリー」という場所にデータを保存しています。リポジトリーは各開発者のマシンにある「ローカルリポジトリー」とGitHubなどのサーバーに配置されている「リモートリポジトリー」の2種類があります。ローカルリポジトリーは開発者の作業用のリポジトリーで、リモートリポジトリーは複数人が共有するリポジトリーです。

開発者はまずはローカルリポジトリーを編集し、リモートリポジトリーに「プッシュ」しデータを反映します。リモートリポジトリーに上がったファイルは「プル」することで、ローカルリポジトリーに反映できます。

本来Gitを扱うにはコマンドラインへコマンドを入力する操作が必要ですが、「SourceTree」を使うことでコマンドを入力することなくクリック操作で簡単に扱えます。

GitのリモートリポジトリーはWebサービスを利用して管理するのが簡単です。Gitを扱うWebサービスには「GitHub」、「GitLab」、「Bitbucket」などがありますが、一番有名なのがGitHubです。これらのサービスにはリモートリポジトリーの管理の他に、チーム開発に役立つ機能が提供されています。

SourceTreeのインストール

SouceTreeはAtlassian社が開発するソフトウェアです。SourceTree公式サイトからインストーラーをダウンロードします。インストーラーを実行するとAtlassianのアカウントへのログインが求められるので、アカウントを持っていない場合は作成してください。ログインに成功するとインストールの次の手順へ進みます。インストールの途中でGitHubやBitbucketの設定画面が表示されますが、インストール後にも設定できるのでスキップして問題ありません。

次のページでは、実際にGitHubからプロジェクトをダウンロードする方法を紹介します。