レビュー機能を活用しよう

プルリクエストの画面では、コードのコミット履歴やファイルの変更箇所が分かりやすく表示され、レビュワーにレビューを依頼できます。

Files Changes画面でレビューを開始

レビュワーは気になるソースコードに対してコメントを書いてフィードバックを送ります。ソースコードの行にマウスカーソルを当てると[+]ボタンが表示されるので、気になる行の[+]ボタンを押し、コメントを記入します。コメントが終わったら、[Start Review]ボタンを押し、レビューを開始します。気になる箇所全てにレビューが完了したら、[Review Changes]ボタンを押し、[Approve(承認)][Request Changes(変更の要求)][Comment(コメント)]のいずれかを選択し、[Submit review]ボタンを押してレビューを送信します。

161222_pullrequest_request_changes

▲ [File Changes]画面では、ファイルの変更箇所が分かりやすく表示されている。ソースコードに対してコメントできる。

Conversation画面でレビューを一覧

[Conversation]画面では誰がどこに対してレビューしたかや、レビュワーのレビュー状態を確認できます。レビューが完了し、コードに問題があれば同じブランチに修正したコードをプッシュしてもらい、再度レビューを行います。コードが問題なければ、[Merge pull request]ボタンを押し、ブランチをマージします。

161222_pullrequest_view
▲ [Converion]画面ではレビュー内容が表示される。どこにレビューが行われたかやレビュー状態を確認できる。

次のページでは、プルリクエストで使えるTipsについて紹介します。