Webフォントは、サーバーにあるフォントデータを読み込むことで、端末の環境に依存せず同じフォントをウェブページに表示する技術です。2010年頃からCSS3の登場とともに徐々に浸透し、近年では様々なウェブサイトやサービスで使われるようになりました。

しかし日本語フォントは3〜10MBもの大容量になったり、導入にコストがかかったりと、採用を見送っている方もいるのではないでしょうか。今回は実用的でオススメの日本語Webフォントを、それぞれの特徴を踏まえつつ紹介します。

Noto Sans Japanese / 源ノ角げんのかくゴシック

世界中の言語をサポートすることを目標にAdobeとGoogleが開発したフォントファミリー。Googleのブランド名は「Noto Sans Japanese」で、Adobeのブランドは「源ノ角げんのかくゴシック(英名:Source Han Sans)」といいます。

Noto Sans Japanese

Noto Sans Japaneseの字の太さは極細の「Thin」から極太の「Black」まで6種あり、パソコンやモバイル端末など様々なシーンでの可読性を意識したデザインとなっています。「ヒラギノ角ゴ」と比べると曲線がやや強くしなやかな印象を持ち、また線が短くすっきりとした字形となっています。

Noto Sans Japaneseのファイル形式は「woff」「woff2」「otf」3種類が用意されており、ファイル容量はwoff2形式で1.5MB程度と、日本語フォントとしてはかなり軽量なファイルサイズとなっています。ライセンスは「SIL Open Font License, 1.1」が適用されています。

「SIL Open Font License, 1.1」については「自家製フォント工房」さんのサイトで分かりやすく解説されていますので、こちらを参考にするとよいでしょう。

源ノ角ゴシック

Adobeブランドで出している源ノ角げんのかくゴシックもTypekitから利用できます。字の太さは極細の「Extra Light」から極太の「Heavy」まで7種あり、Noto Sans Japaneseよりも一種類多いのが特徴です。

源ノ明朝げんのみんちょう

源ノ明朝げんのみんちょう(英名:Source Han Serif)とはセリフ書体として源ノ角げんのかくゴシックと対をなすものです。

字の太さは極細の「Extra Light」から極太の「Heavy」まで7種あり、デジタルデバイスで使われることを念頭に設計されています。スマートフォンや電子書籍でよく使われることを想定したうえで汎用性の高いデザインとなっています。

みんなの文字

UCDA(一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会)とフォントベンダーのイワタ電通が科学的根拠に基づき、共同で開発したフォントです。ただ美しいだけではなく、小さな文字、長文、低解像度、英数字の見分けのつきやすさ、かすれなどの劣化時、老眼・老眼・白内障・高齢の方など、あらゆる条件化でも読みやすいよう設計されています。

線は直線的な等幅で、「ふところ」が大きく小さな文字でも潰れづらく、余計な装飾のないくっきりとした字形となっています。

※ ふところ:画と画が構成している内側の空間のこと。ふところが広いとおおらかで優しい印象、狭くすると引き締まった印象となります。

ファイル形式は「woff」「otf」2種類が用意されており、woff形式で2.6MB程度と比較的軽量なファイルサイズとなっています。通常のフォントは有償で提供されていますが、Webフォントは使用の申し込みを行い、用意されている「認定シール」を掲載すると無料で使用できます。

次のページでは、Google FontsのEarly Accessで公開されている3つの無料書体を紹介します。