グーグルが開発するJavaScriptフレームワークAngularの最新バージョン「Angular 2アンギュラー・ツー」が本日、正式リリースされました。

160915_angular2_official_site

Angular 2はSPAエスピーエー(シングル・ページ・アプリケーション)の開発に利用するフレームワーク。AngularJSの後継にあたります(バージョン1.x系ではJSフレームワークとしてAngularJSアンギュラー・ジェイエスという名称でしたが、バージョン2からはJSに限定しないフレームワークとなったためAngularという名称になっています)。

AngularJSはMVWフレームワークとして2010年にグーグルよりリリースされ、多くのウェブサイトで採用されてきました。新バージョンではアーキテクチャーの一新により、ウェブ標準が意識され、パフォーマンスが向上。今後はウェブサービスやエンタープライズ、広告系スペシャルサイトでの利用拡大で期待されます。

※SPA(シングル・ページ・アプリケーション)とはフロントエンドのトレンドとして注目を集めているWebアプリケーションのアーキテクチャーです。SPAでは、Webページ全体をロードすることがなく、レスポンスが高速でUIが優れているという利点があります。

Angular 2リリースまでの長い道のり

Angular 2の開発は2014年9月に発表されました。開発は2年もの長期間にわたっており、アルファ版がalpha.55まで(2015年12月まで)、β版がbeta.17まで(3月まで)、RC版がRC7まで(9月まで)リリースされています。

160915_angular2_github

▲GitHubのリポジトリのコミットとリリースの数は、長い期間の開発を物語っている

その間、幾度もアーキテクチャーの変更やAPIの破壊的変更(従来とは互換性のない変更)が行われていました。例えばルーター(ディープリンクを発行する画面遷移機能)は、「New Router」「Component Router」「Router v2」「Router v3」とリリースまでに何度も一新されその度に大きな変更を伴ってきました。よりよいアーキテクチャーへ取り組むAngularチームの徹底した姿勢が伺えます

160915_angular2_router

▲ディープリンクの発行によって、SPAでも深い画面へのリンクが可能になる

次のページでは、Angular 2の特徴やAngularJS 1.xからのアップデートについて紹介します。