Photoshopの類似フォントの検索、顔のレタッチに役立つゆがみツール、傾き補正に役立つコンテンツに応じた切り抜きの3機能について紹介します。これらの機能は2016年6月21日のアップデートによるPhotoshop CC(バージョン2015.5)から搭載されています。

  1. 画像から似たフォントを探せる「マッチフォント機能」
  2. 一瞬で顔写真の目鼻立ちをはっきりさせ、小顔にもできる新しい「ゆがみツール」
  3. 写真傾き補正に役立つ「コンテンツに応じた切り抜き」

160622_photoshop_keyvisual

1. 画像から似たフォントを探せる「マッチフォント機能」

ロゴで使用されているフォント、服にプリントされたフォントなど、静止画内のフォントを自身のデザインでも使いたいと思ったことはありませんか? Photoshop CC 2015.5に搭載された「マッチフォント機能」は、静止画内のフォント情報を解析し、類似のフォントを自身のデザインでも使用可能にします

マッチフォントの使用手順

例として、Electronの公式サイトの画面キャプチャーからElectronのロゴのフォントを調べ、類似のフォントを使用するまでの手順を紹介します。

160622_photoshop_font_raw

▲ Electron公式サイトの画面キャプチャー

調べたいフォント部分を[長方形選択ツール]で選択します。

160622_photoshop_font_select

▲ ELECTRONロゴのフォント部分を選択

[書式]→[マッチフォント]を選択します。

160622_photoshop_font_matchfont

マッチフォントのウインドウが開かれ、画像上で選択されている部分のフォントと類似のフォントがリストアップされます。リストアップされるのは、コンピューターにインストールされているフォントとTypekitのフォントです。Typekitとはアドビが提供するフォントサービスで、Webフォントやデスクトップフォントとしてマッチフォントで選択したものを使えます。

160622_photoshop_font_matchfont2

コンピューターにインストールしていないTypekitフォントは、上図の赤線で囲んだ雲アイコンをクリックするとダウンロードできます。フォントの選定後、[OK]ボタンを押すと、フォントが使用可能な状態になります。テキストを入力すると、目的のフォントが入力されます。

160622_photoshop_font_edit

▲ Electronのロゴの類似フォントを使用している様子

フォントを探す手間が大幅に省ける

デザイン制作の際、類似のフォントを探すのは手間のかかる作業ですが、マッチフォント機能を使えばその手間が省けます。その上、著作権的にクリアなTypekitとの連携もできるので、商用サイトでも安心して使用できます。ただし、マッチフォント機能は2016年6月現在では欧文フォントにしか対応しておらず、日本語のフォントは検索できません。将来的な対応が期待されます。

次のページでは、一瞬で目鼻立ちを整える「ゆがみツール」について紹介します。