ICS MEDIAでは、フロント技術と電子工作でIoT(モノのインターネット)の装置を作成する方法を記事「IoTを使ってトイレを監視」などで紹介してきました。そしてこの度、今まで紹介した技術に新しい要素を盛り込んだセンサーでなんでもできる おもしろまじめ電子工作」という解説書を執筆しました。「IoTって流行ってるけど自分で作れないのかな?」「とりあえずLチカできたけど、次何やったらいいかわからない」といった方が、自分でIoT装置を作れるようになることが目標の本です。

実物の解説本

2016年5月28日発売ですが、すでにAmazonで予約注文が始まっています。本書をきっかけにIoTの世界に踏み込んでみてはいかがでしょうか?

センサーでなんでもできる おもしろまじめ電子工作の表紙

センサーでなんでもできる おもしろまじめ電子工作

  • ページ数:340ページ
  • 出版社:秀和システム
  • 発売日:2016年5月28日 (Amazon)
  • 執筆:蔵下 まさゆき

Amazonでチェックする

バナナ泥棒発見機の様子

▲バナナにセンサーを取り付けて、誰かがバナナに触れたことをスマートフォンにプッシュ通知を送信する方法なども解説しています

電子工作の基礎からインターネットにつなぐまでを解説

本書は、電子工作の初心者が電子工作の基礎から、作成した装置をインターネットにつないでスマートフォンからコントロールするまでを身につけるための解説書です。電子系の知識がない方でも簡単に電子工作できるArduno(アルドゥイーノ)を使います。前半では電子工作に必要な知識やArduinoの使い方などの基礎を学び、後半では実際に電子回路を組んで装置を作成し、インターネットをつないでスマートフォンから操作する方法を解説します。すでに電子工作でオリジナルの装置を作成している方は、その装置にWi-Fiモジュールをつないでインターネットに接続することで、今までにない新しい使い方が見つかるでしょう。

Arduinoを使って作成した電子回路

▲Arduinoを使って作成した電子回路

本書の読者ターゲットは次のとおりです。

  • プログラミングの経験はあるが電子工作をしたことない方
  • Lチカなど簡単な電子工作をしたがやめてしまった方
  • ある程度電子工作はできるがインターネットにつないだことがない方

いずれもプログラミングの基礎知識があることが前提ですが、本書で電子工作する作品は全てサンプルとして公開してますので、「まずは電子工作の雰囲気を味わいたい!」という方でも電子工作を試せます。

圧力センサーの様子

▲加わっている圧力を検出できる圧力センサーを使っている様子

次のページでは、本書でどのようなことが学べるのかを写真を交えて紹介します。Arduinoでセンサーを使うことからはじめ、最終的にはセンサーの状況をスマートフォンで確認したり、プッシュ通知で送信したりと、より実用的な装置作りを目指します。