初心者でも電子工作を簡単に始められるマイコンボードArduinoアルドゥイーノですが、ある程度センサーやアクチュエーターが触れるようになってくると、インターネットに繋いで外出先からコントロールしたいと考える方も多いでしょう。

以前の解説記事「JavaScriptでArduinoをコントロール」ではパソコンとArduinoをUSBで接続してインターネットに接続していましたが、有線接続だったため設置できる場所が限られてしまう制限がありました。本記事では2015年に発売された数百円で購入できる爆安のWi-FiモジュールESP-WROOM-02イーエスピー・ダブルルーム・ゼロツーを使って、お手頃にArduinoを無線化する方法を紹介します

スマートフォンからLチカしよう

まずは次の動画をご覧ください。インターネットからArduinoに設置したLEDを光らすオリジナルのデモです。Wi-Fiモジュールを使って開発しました。

本記事を試していただくと上の動画のようにスマートフォン(ウェブブラウザ)からインターネット経由でArduinoに接続し、LEDをコントロールできるようになります。Arduinoを触ったことのある初心者の方でも、回路を組むことから各プログラミングと約1時間で試せる内容となっていますので、ぜひお試しください!

Wi-Fiモジュール界に現れた黒船「ESP-WROOM-02イーエスピー・ダブルルーム・ゼロツー

ESP-WROOM-02

ESP-WROOM-02はEspressif Systems社の開発したWi-Fiモジュールです。従来はESP8266というモジュールが国外で販売されてましたが、技適ぎてきが未取得だったため電波法によって日本国内で使用できませんでした。その後、技適ぎてきを取得したことによって、スイッチサイエンスでも2015年7月6日からESP-WROOM-02という製品名で販売が開始されました。電子工作界で今話題のモジュールの一つです。

人気の理由は「ダントツの安さ!」

ESP-WROOM-02イーエスピー・ダブルルーム・ゼロツー話題になっている理由は数百円で購入できるという価格です。Arduinoで無線LANを利用する方法は3種類ありますが、ESP-WROOM-02を利用する構成が最もコストを抑えられます。「ArduinoとWi-Fiモジュールの一体型」と比べて、半額以下の4,104円と驚きの価格です。

構成パーツ価格(税込)合計(税込)
ArduinoとWi-Fiモジュールの一体型Arduino YÚN9,990円9,990円
ArduinoとWi-FiシールドArduino Uno R33,240円8,432円
CC3000 WiFi シールド5,192円
ArduinoとESP-WROOM-02イーエスピー・ダブルルーム・ゼロツーArduino Uno R33,240円4,104円
ESP-WROOM-02864円

インターネット経由でLチカさせる仕組みを解説

ここからはESP-WROOM-02イーエスピー・ダブルルーム・ゼロツーを用いた電子工作を解説します。次の構成でIoTな電子工作を目指しましょう。

構成図

スマートフォンのウェブブラウザでボタンをON/OFFすると、サーバーに設置されているPHPへ値を渡します。Arduinoからは定期的にPHPを監視し、接続されているLEDをチカチカと点滅させます。

次のページでは必要なパーツと回路の組み方を解説します。