ウェブ業界の当たり前だと思っていることでも、同業他社の人には違う常識があるかもしれません。自分が業界多数の傾向と違うところはどこなのか・・・ この連載ではアンケートデータから国内のウェブ業界の傾向を分析します。

連載第二回目となる本記事ではウェブ業界に関する「学習方法」「HTMLのコーディングスタイル」「JavaScriptのコーディングスタイル」「労働時間」「フォント」の5分野のアンケート結果を紹介します。アンケートは筆者のTwitterから実施していたものです。

HTMLやCSSを学ぶとき、何で勉強をはじめましたか

ウェブ制作の初学者はどのような手段で勉強しているのでしょうか。従来は解説書や会社/学校で学ぶことが多かったと思いますが、最近は動画学習サイトが充実しています。2013年以降に学び始めた方に質問しました。


208件の回答があり「本」が34%、「学校/会社/スクール」が31%、「ウェブサイト」が29%、「動画学習」が6%でした。

動画学習は操作方法を確認できるためツールやコーディングの勉強に適しており、国内でもドットインストールスクーlyndaUdemyなど動画学習サービスが盛り上がっています。ただ、現状では書籍や会社/学校に比べると動画学習を利用している人は少数のようです。

HTMLのコーディングスタイル

同一HTMLファイル内でh1要素はいくつ使っていますか

W3CのHTML5の仕様ではsectionタグによって複数のh1要素を記述できるようになりましたが、HTML 5.1の仕様ではその記載が削除されました。そのため、現場ではh1要素を複数使っていいのか意見が分かれています。そこで、h1要素を同一HTMLファイル内でいくつ使っているかアンケートを実施しました。


h1要素は一個だけにしてる」が68%、「h1要素は複数使うようにしてる」が26%、「その他」が6%。

寄せられた意見として次のようなものがありました。

  • SEO観点ではh1要素を複数個使おうが影響はない
  • h1要素は1ページに1つだけであるべき」という従来の理解をしている人が多い。h1を複数使った場合に納品先に正当性を説明するのが不毛だ

この意見はTogetter「h1要素は複数回使って良いのか!? HTML5.1に関するW3CとWHATWGの主張の違い」にまとめているので、あわせて参照ください。標準化団体のW3CとWHATWGの主張の違いが根底の問題にあります。

JavaScriptのコーディングスタイル

jQueryをCDNのリンクで納品しますか?

jQueryをはじめ多くのJavaScriptライブラリにはURLを指定するだけで利用可能になるCDNのURLが提供されています。CDNを利用すると、ブラウザキャッシュに保存されるので読み込み時間を短縮できるメリットがあると言われていました。

とはいえ、自社サーバー以外のURLが納品ファイルに含まれることに抵抗を感じるウェブマスターがいるとも聞きます。そこで、ウェブ制作者のCDN利用状況をアンケートで質問しました。


443件の回答があり、結果は「CDNを使わないで納品」が49%、「ほとんどCDNを指定して納品」が32%、「たまにCDNを指定して納品」が19%でした。

アンケートに寄せられた肯定的な意見として「手軽に利用できる」「ブラウザキャッシュに残るので読み込みが早い」と回答がありました。

対して否定的な意見として「CDNのトラブルに巻き込まれるリスクを回避したい」「webpack等でJSライブラリをバンドルするのでCDNは必要ない」「オフラインでも開発に使いたい」「計測したところ、CDNからの読み込みは早くなかった」といった回答が寄せられています。詳しくはTogetter「CDNのjQueryって使ってる? イマドキのウェブ制作事情」にまとめたので、あわせて参照ください。

変数宣言にvarを使いますか、letを使いますか

JavaScriptでは従来(ECMAScript 5まで)は変数宣言にvarが使われていましたが、ECMAScript 2015からletが導入されました。letではスコープの巻き上げが起こらないといった言語仕様上の利点があります。

// ECMAScript 5
var apple = 'リンゴ';

// ECMAScript 6
let orange = 'オレンジ';

ECMAScript 2015の動作環境が2017年現在、次のように整ってきています。

  • モダンブラウザ(EdgeやSafari 10、Chrome、Firefox)ではletを解釈できる
  • 古いブラウザ(IE 11やSafari 9)を対象にした場合でも、BabelやTypeScriptでECMAScript 5にトランスパイル/コンパイルすることでletを利用できる
  • Node.js 4以降ではletを解釈できる

そこで、varletのどちらを使っている人が多いのかアンケートを実施しました。


結果はvarが61%、letが39%でした。従来から使えるvarを利用する人が多いようです。

プログラマの技術情報共有サービス「Qiita」ではletconstでJavaScriptを説明している記事が増えています。最近のブラウザはデフォルトでletは使えるので、JavaScriptを学ぶ人はvarではなくletが当たり前になっているかもしれません。数年後にどうなっていくのか興味深いです。

次のページでは平均労働時間やフォントについてのアンケート結果を紹介します。