Facebookアプリのニュースフィードに流れている記事を選択したものの、読み込みが遅く記事を読むのを諦めた経験はありませんか? 記事を選択すると媒体側のサイトへアクセスしコンテンツを表示しますが、読み込み時間が遅いとせっかく良い記事を作成してもユーザーが離脱してしまう可能性があります。

本記事で提案したいのは、Facebookでのページ表示を高速化させる技術「Instant Articles(インスタント記事)」です。Facebookアプリから外部ウェブページを読み込むのに平均8秒程かかると言われていますが、Instant Articlesを利用すると10倍の速度で表示できるようになります。

読み込み速度が改善すれば、快適にブラウジングできるため利用者にとっては嬉しいことでしょう。また、離脱率を改善やエンゲージメントの向上につながるため、運営者にとっても大きなメリットがあります。Facebookが全世界の1000社以上でテストプログラムを行ったところ、Instant Articlesの導入によってクリック数が20%アップ、離脱率が70%軽減、シェア数が30%アップしたという結果が出ています。

161121_InstantArticles_infographic

引用元:Facebook Media

リリース当初は、大手メディアサイトでのみ利用可能でしたが、2016年4月12日よりすべてのサイトで利用できるようになり、最近では徐々に導入している企業が増えてきました。当サイトもInstant Articlesを導入したことで、高い効果が得られています。

WordPressで運営しているサイトであれば、公式のプラグインが提供されているため、わずか10分程度で簡単に導入できます。本記事では、Instant Articlesの導入方法について紹介します。

Instant Articles とは

冒頭でも少し説明しましたが、ブログやメディアサイトなどの媒体の記事をFacebookのサーバーに配信することで、Facebookのニュースフィード上で直接記事を公開できる機能です。これまではニュースフィードに流れてきた記事をクリックすると、媒体のサイトへアクセスするため読み込みに時間がかかっていましたが、Instant Articlesを利用することで、高速に記事を表示することができます。

161127_instantArticles_demo

Facebookアプリから弊社Facebookページへアクセスいただくと、実際にInstant Articlesの速度を体感できます。ニュースフィードに⚡(雷)マークが付いているものがInstant Articlesに対応した記事です。
161127_InstantArticles_sample

Instant Articles の導入手順

Instant Articlesを導入するためには、以下のステップで作業を行います。手順は多いように見えますが、一つ一つの作業は簡単にできるため、時間のかかる作業ではありません。本記事ではWordPressから提供されている公式プラグインを使用した導入方法について紹介します。

  1. 事前準備
  2. WordPressへプラグインをインストール
  3. Instant Articlesの利用登録
  4. 記事をFacebookへ配信する
  5. 配信する記事の確認・手直し
  6. 広告、計測タグ、変換ルールの設定
  7. 審査を申請する

次のページでは、各手順について詳しく説明します。