株式会社ICSの採用サイト

INTERACTION DESIGN
& TECHNOLOGY

ENVIRONMENT

社風 - 制作環境とカルチャー

ICSが大事にしているのは、技術習得や開拓のマインドです。
勉強会への登壇・参加の推奨、フットワークの軽い開発、オープンなノウハウの発信を大事にしています。

CONFERENCE

勉強会参加の推奨

勉強会参加に協力的です

新しい技術に積極的に取り組むスタッフが多いため、セミナーや勉強会などの参加は推奨しています。平日の夜に開催されている勉強会については、スタッフは積極的に参加しています。勉強会に参加すると得るものがたくさんあるからです。

  • いままで触れていなかった技術、新しい技術
  • 他社の考え方、仕事の進め方
  • 業界の標準的な作り方
  • 業界内の仲間

勉強会参加が大好きなのも、ICSの特徴です。都内では勉強会の直前キャンセル・無断欠席が問題になることが多いですが、ICSでは勉強会は取引先の打ち合わせと同じぐらい守るべきスケジュールとして捉えています。体調以外の理由でキャンセルすることがないよう、他のスタッフが業務を助け、申し込んだ勉強会には参加できるようにしています。

有料・海外カンファレンス参加を推進

国内のカンファレンスは希望する限り、ほとんど参加できます(有料のものは会社負担)。海外のカンファレンスにも参加することがあります。

▲海外のカンファレンスにも毎年参加しています

主な参加カンファンレンス

  • Adobe MAX(カリフォルニア州)× 5回
  • Game Developers Conference(カリフォルニア州)× 1回
  • CEDEC(横浜)×6回

SPECIALITY

得意分野

SPECIALITY 01

クリエイティブコーディングが得意

プログラミングアートやモーショングラフィックスを学びたい人には絶好の環境です。Flash制作で培ってきたノウハウが蓄積されているので、次の世代に伝えていきたいと考えています。

関連記事

SPECIALITY 02

アプリケーションの開発も

「テキスト校正くん」「アニメ画像に変換する君」など自社アプリケーションを公開しています。コンテンツ制作者の誰かに役立てば嬉しい、といった思いつきでガッツリとスケジュールを組んで開発しました。

自社アプリは残念ながら売上にほとんどつながっていません・・・。しかし、楽しく開発でき誰かの役に立つなら、それでいいではないですか。もちろん、他の仕事をこなして余裕のあるときに開発しています。

関連記事

テキスト校正くん
SPECIALITY 03

オープンな情報発信

各スタッフはSNSを積極的に活用しています。社会人として責任をもって利用する限り(※)は、業務中にTwitterをチェックすることは何も問題ありません。情報収集ツールの1つとして、みんな活用しています。
※機密・仕事状況に関して、SNSではいっさいの投稿を禁じています。

MACHINES

作業環境

普段はリモートワークを実施していますが、オフィスは必要に応じて出社することもできます。ここではオフィスの内装を紹介します。

職場の雰囲気