SourceTreeでGitHubのリポジトリーをクローン

リモートリポジトリーを手元のマシンへローカルリポジトリーとしてコピーするには「クローン」を行います。クローンする方法にはSSHとHTTPSの2つがありますが、今回はセットアップが簡単なHTTPSでのクローンについて紹介します(SSHの場合は認証のための鍵ファイルを自分で作成する必要がありますが、HTTPSであればその必要はありません)。

まずは、任意のGitHubのプロジェクトページに行きます。[Clone or download]ボタンを押し、リポジトリーのURLを取得します。表示されたボックスのタイトルが[Clone with HTTPS]となっていなければ、[Use HTTPS]ボタンを押し、HTTPSでのダウンロードに切り替えます。コピーボタンを押すと、クリップボードにリポジトリーのURLがコピーされます。

SourceTreeでクローンする方法ですが、WindowsとmacOSで若干手順が変わります。

  • WindowsWindowsであれば、左上にある[新規/クローンを作成する]ボタンを押します。

  • macOS
    macOSであれば、[+新規リポジトリ]→[URLからクローン]メニューを選択します。

[元のパス/URL:](MacOSなら[ソース URL)に先ほどGitHubからコピーしたリポジトリーのURLを、[保存先のパス:]にローカルリポジトリーを管理するパスを指定します。記入が終わったら[クローン]ボタンを押して、クローンを行います。

SourceTreeからGitHubにファイルの変更を反映する

手元のファイルを編集したあと、リモートリポジトリーに変更を反映するには、ファイルの[ステージング]、そして[コミット]と[プッシュ]を行います。

コミットを行うには、[コミット]ボタンを押し、コミットするファイルを選択する画面に移動します。

[Stage All]ボタンか、ファイルを選択して[Stage Selected]ボタンを押すと、ファイルがインデックスに追加されます。その後、コミットメッセージを記入し、[コミット]ボタンを押すと、ファイルをコミットができます。

ファイルをプッシュするときは、[プッシュ]ボタンを押します。

初めてプッシュを行うときは、GitHubへのログインを求められるので、ログインを行ってください。

プッシュ後のGitHubでのコミット内容の表示のされ方

プッシュに成功すると、GitHubのサイト上にもコミット内容が表示されます。GitHubのリポジトリーへブラウザでアクセスしてみてください。最新のコミットはリポジトリートップに表示されており、詳細のリンクからファイルの修正内容を確認できます。

▼ [リポジトリートップ]ではファイル一覧が表示されます。ここで、最新のコミット内容が確認できます。

▼ [コミット履歴]画面では、今までコミットプッシュしたログが見れます。ここから、コミット詳細画面へ行けます。

▼ [コミット詳細]画面からファイルの追加・修正内容が見れます。追加された行は薄緑色、削除された行は薄桃色で表示されます。

SourceTreeを使って簡単にGitHubと連携をしよう!

SourceTreeを使うと難しいコマンド入力をすることなく、簡単にGitの操作が行えます。今回は初心者向けとしてGitHubへプッシュするまでの手順を説明しました。今後の記事にて「プル」や「マージ」機能についても紹介したいと思います。その上で、さらに使いこなす方法をSourceTree連載の続編記事「初心者が習得するべき基本操作(diff, stash, tag, revert, cherry-pick)」でも紹介していますので、ぜひご覧ください。