回路を組もう

160125_arduino_ESP-WROOM-02_v2_03

ESP-WROOM-02やACアダプターは記事「Arduinoと数百円のWi-Fiモジュールで爆安IoTをはじめよう」と同じものを使用しますが、Arduinoは標準モデルであるArduino UNOではなく、ハイスペックなArduino M0を使用します。

ハイスペックなArduino M0

Arduino M0

Arduino UNOはメモリ容量が小さく、データ容量の大きいスケッチ(Arduinoのプログラム)を書き込むことができません。一方のArduino M0は下表を見てもわかるように、メモリ容量が大きく処理速度も早いモデルです。今回はMilkcocoaやESP-WROOM-02のSDKを書き込むためArduino UNOのメモリ容量では不足します。さらに、Arduino M0はESP-WROOM-02と動作電圧が3.3Vと同じため、回路を組む上でも相性がいいです。
※参考価格はスイッチサイエンスでの販売価格です。

モデルArduino UNOArduino M0
参考価格3,240円3,240円
動作電圧5V3.3V
デジタルIOピン
()はPWM出力可能な数
14(6)14(12)
アナログ入力ピン66
フラッシュメモリ32KB256KB
SRAM2KB32KB
EEPROM1KB
クロックスピード16MHz48MHz
USBタイプA-BA-microB

Arduino M0とESP-WROOM-02でWi-Fi接続する回路

Arduino M0とESP-WROOM-02でWi-Fi接続する回路

※図のArduinoはFritzingで作成した関係上Arduino UNOとなっていますが、Arduino M0を使用してください。

Arduino M0

Arduino M0

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール

ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール

超小型スイッチングACアダプター12V1A 100V~240V

超小型スイッチングACアダプター12V1A 100V~240V

抵抗 10kΩ

抵抗 10kΩ

明るさを検知する回路

明るさを検知する回路

※図のArduinoはFritzingで作成した関係上Arduino UNOとなっていますが、Arduino M0を使用してください。

光の強さに応じて電気抵抗が変化するCDSセルを光センサーとして使用します。

CDSセル 5mmタイプ

CDSセル

抵抗 10kΩ

抵抗 10kΩ

次のページではMilkcocoaの始め方と、スマートフォンから光センサーの値を確認するプログラムを紹介します。