ICS MEDIA - インタラクションデザイン×ウェブテクノロジー

HTML5 と CreateJS で学ぶインタラクションデザイン

CreateJS でのキーボード制御

船をキーボードで上下左右に移動する

キーボードで表示オブジェクトを動かすサンプルを通して、キーボードイベントを理解しましょう。次のサンプルはキーボードが押されたタイミングで、表示オブジェクトのx, y座標を移動し、rotationで角度を変えています。

// シェイプ(船)を作成
var ship = new createjs.Shape();
(省略)
stage.addChild(ship);

// キーボードを押したタイミングを検知
window.addEventListener("keydown", handleKeyDown);

function handleKeyDown(event) {
   // キーコード(どのキーが押されたか)を取得
   var keyCode = event.keyCode;
   console.log(event.keyCode);
   // 条件文で船の位置を変更する
   if (keyCode == 39) { // 右
      ship.x += 1; // 移動
      ship.rotation = 0; // 向きを変更
   } else if (keyCode == 37) { // 左
      ship.x -= 1;
      ship.rotation = 180;
   } else if (keyCode == 40) { // 下
      ship.y += 1;
      ship.rotation = 90;
   } else if (keyCode == 38) { // 上
      ship.y -= 1;
      ship.rotation = -90;
   }
}

直行座標で管理しているので、コードはシンプルです。しかし斜めに動かすということができないので、次はアングルという概念を持ち込んでみます。

キーボード押下の処理

キーボードの制御処理をつくるときのコツを紹介します。先程まではkeydownイベントでキー入力と、自機の操作を同じ関数で実行していました。しかしこの実装方法では2つ課題があります。

  • パソコンのキーボードの種類によってはキー入力の頻度が異なるため、マシンによってはkeydownイベントが高い頻度で発生する可能性があります。そうなってくると、ゲームの公平性が失われる可能性があります。
  • 斜めの移動ができない

これらの対策のためには、キー押下のタイミングとゲーム内部処理を分離するといいでしょう。次のコードでは、キーが押されているかを判定する真偽値の変数を用意しています。処理はtickイベントでのみ行われます。こうすることで、キー入力の頻度に関わらず、自機の操作はtickイベントのみとなるためマシン依存なくゲーム開発ができるようになります。

// キーボードが押されているかの判定を行う
var isPressLeft = false;
var isPressRight = false;
var isPressUp = false;
var isPressDown = false;

// キーボードを押したタイミングを検知
window.addEventListener("keydown", handleKeyDown);
window.addEventListener("keyup", handleKeyUp);
function handleKeyDown(event) {
   // キーコード(どのキーが押されたか)を取得
   var keyCode = event.keyCode;
   if (keyCode == 39) { // 右
       isPressRight = true;// 真偽値が切り替わる
   } else if (keyCode == 37) { // 左
       isPressLeft = true;
   } else if (keyCode == 40) { // 下
       isPressDown = true;
   } else if (keyCode == 38) { // 上
       isPressUp = true;
   }
}

function handleKeyUp(event) {
   // キーコード(どのキーが押されたか)を取得
   var keyCode = event.keyCode;
   if (keyCode == 39) { // 右
       isPressRight = false;// 真偽値が切り替わる
   } else if (keyCode == 37) { // 左
       isPressLeft = false;
   } else if (keyCode == 40) { // 下
       isPressDown = false;
   } else if (keyCode == 38) { // 上
       isPressUp = false;
   }
}

// 時間経過
createjs.Ticker.addEventListener("tick", handleTick);
function handleTick() {
   // 条件文で船の位置を変更する
   if (isPressRight == true) { // 右
       ship.x += 1; // 移動
   } else if (isPressLeft == true) { // 左
       ship.x -= 1;
   }
   if (isPressDown == true) { // 下
       ship.y += 1;
   } else if (isPressUp == true) { // 上
       ship.y -= 1;
   }

   stage.update(); // 画面更新
}

船にハンドル操作を実装する

左右のカーソルキーで船の進行方向を、上下キーで前進後進のアクセルを実装してみましょう。次のコードはanglespeedという変数で数値として管理しています。

var angle = 0; // 船の角度
var speed = 0; // 船の移動の速さ

// キーボードを押したタイミングを検知
window.addEventListener("keydown", handleKeyDown);

function handleKeyDown(event) {
    // キーコード(どのキーが押されたか)を取得
    var keyCode = event.keyCode;
    // 条件文で船の位置を変更する
    if (keyCode == 39) { // 右
        angle += 5;
    } else if (keyCode == 37) { // 左  
        angle -= 5;
    }

    if (keyCode == 40) { // 下
        speed -= 1;
    } else if (keyCode == 38) { // 上
        speed += 1;
    }
}

次にtickイベントにて船のアングルとスピードを反映させていきましょう。

// 時間経過
createjs.Ticker.addEventListener("tick", handleTick);
function handleTick() {
    // angle と speed を ship に適用する

    stage.update(); // 画面更新
}

まずはangleを使って船の角度を設定しましょう。

// 船の角度を設定する
ship.rotation = angle;

その次は船の進行方向に向かって、船を前進させましょう。船の速さを角度で分解する必要があります。speedangleは極座標の情報であるため、三角関数を使って直交座標の成分に変換します。

// 角度をラジアンに変換
var radian = angle * Math.PI / 180;
// スピード(スカラ)と方向からxとyの成分に分解
var vx = speed * Math.cos(radian);
var vy = speed * Math.sin(radian);

ここで求めたvxとvyは直交座標の成分であるため、xとy座標に適用します。

// 船の位置を更新する
ship.x += vx;
ship.y += vy;

次に摩擦を実装します。摩擦(抵抗)によって時間経過でスピードが減少するので、speedの値が小さくなっていくようにします。これは次のコードで実装することができます。tickイベントが起きる度に、speed の値は 90% まで小さくなるという式です。

// 摩擦
speed *= 0.90;

画面端の処理を実装する

画面端からはみ出ないように制御しましょう。x, y座標を見て、領域を超えそうになったときに元の場所に戻す処理を記述します。

// 画面端の処理を入れる
if (ship.x < 0) { ship.x = 0; }
if (ship.x > stage.canvas.width) { ship.x = stage.canvas.width; }
if (ship.y < 0) { ship.y = 0; }
if (ship.y > stage.canvas.height) { ship.y = stage.canvas.height; }

次の記事へ